ジャーマンシェパードに最適の首輪とは

おすすめ!


ジャーマンシェパードは独特な頭の形をした大きな犬です。

その為頭の形にきちんとフィットした首輪を選ぶことが大変重要です。犬の首輪は、犬にとって極めて重要な情報-IDタグ、連絡先、健康に関する情報など―を掲載する場所です。そのため、きちんとフィットした首輪であること、また木々の間を走り抜けたり狭いスペースをはって進んだとしても決して外れない快適さが大変重要です。

サイズを確認するには、頭の後ろから肩のてっぺんの中間辺りの首周りにテープを巻いてみます。そこから少なくとも1インチ長くします。首と首輪の間に指が2本入るようであれば、サイズのあった首輪といえるでしょう。

ジャーマンシェパードは頭がい骨の関係で、頭の形が独特で首が太い(一般的に18から24インチ)ことを念頭に置く必要があります。

注意深くサイズを合わせないとシェパードは首輪から抜け出すことがあります。また、力の強いシェパードが首輪から抜け出すのを防ぐ為、1から1.5インチ程度の幅の強力なバックルをもった首輪を選びましょう。

ジャーマンシェパードはチワワではありません。強く引っ張られると、例え子犬であったとしても、時に制御するのが困難です。しかしきちんと躾すれば、模範的で予測可能な行動が可能です。下記はよく利用されるトレーニング用の首輪です。

スポンサーリンク

チョークカラー

一般的に一時的な躾に使われます。リードを引き首の周りを締め付け犬の注意をひき、その後緩めます。チョークカラーは装着したまま目を離すと大変危険です。懲罰用の首輪は訓練士の指導のもと使用しましょう。

ヘッドカラー

「ジェントルリード」もしくは「ホルタ―」とも呼ばれ、頭と耳の後ろに装着します。目下人気があり、息継ぎや水飲み吠えることが出来る一方、犬の弱点でもある口輪を引くことで少し緩めの躾に利用されます。

ハーネス

もしも従来の首輪の装着が難しい呼吸器疾患や喉に問題がある犬であれば、こちらを検討しましょう。ハーネスは散歩の際に、引っ張る力がより強くなるデザインだということをしっかり覚えておきましょう。要するに力の強いジャーマンシェパードが歩く際、コントロールを失いやすいということです。または胸に優しく圧力をかけひっぱり難くする「ノープルハーネス」を試してみてもいいかもしれません。

ジャーマンシェパードの子犬には、従来の首輪と訓練用のものと両方持つことを検討しましょう。

そしてもし懲罰用また訓練用の道具の利用方法に疑問がある場合は、必ず訓練士にたずね疑問をクリアにしてから正しく使用しましょう。最適な首輪選びにおいて忘れてはいけないことは、ジャーマンシェパードが安全に快適に過ごせる、ということが一番大切だということです。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です