あなたの小型犬を寒さから守りましょう。

いくつかの品種は原種の特徴をそのまま残し温かさを保つことができる一方、多くの品種は生存本能をなくし、または寒い気候にそぐわないように作られています。 小型犬は特に寒さに対して注意が必要です。以下の寒さ対策がその手助けをしてくれます。

あなたの小型犬を寒さから守るヒント

  • 散歩は短めにします。(寒さがひどい時には5分または10分以上の散歩はしないようにしましょう。)
  • すきま風から守る暖かいベッドを用意してあげます。
  • 寒い気候の中、あなたの犬を車の中に独りにしておかないようにします。冬の間、車は寒さを取り込み冷蔵庫のようになります。
  • 定期的に犬のお手入れをしているのであれば、冬の間は暖かさを保つための毛を長めにしておきます。また、寒い時期は、入浴をさせたらしっかりと乾かしてから散歩に行きます。
  • あなたの犬が雪の中で遊ぶのであれば、足をチェックします。 足先に氷や雪が詰まっていることがあり、それはとても冷たくて痛いものです。 温かい布ですみやかに詰まった氷や雪をふき取ってあげます。

低体温症のサインを見逃さない

犬と一緒に外にいて犬が震え続けているようであれば、すぐに犬を屋内に入れましょう。 低体温症かもサインかもしれません。 代謝の速度を上げて暖かくいる方法として、震えるということは役に立ちます。 しかし、震えることで多くのエネルギーが使われ、最終的にはエネルギーはなくなり、犬の体温を下げる要因となります。 進行した低体温症の症状には虚弱、方向感覚障害、無気力なども含まれます。

スポンサーリンク

あなたの犬が低体温症かもしれないと思ったら対処する方法

犬が低体温症の症状を見せたら、すぐに対処して、以下の手順に従って下さい。

  1. 犬を屋内に入れて下さい。
  2. すぐにブランケットで犬を包みます。
  3. 屋内の温度を何度か上げる。または火をおこします。
  4. 犬の震えがおさまるまで一緒にいて、注意を払いながら見守ります。そして、体温が華氏100度(摂氏37.8度)になるようにします。

犬が回復してきたようであれば、フードと水を与えます。 食事は熱と体力を生み出すことを助けます。 もし、あなたのペットの体調がすぐに改善されず、虚弱、方向感覚障害、意識障害などを起こしているようであれば、すぐに獣医に診せて下さい。

覚えておいて下さい。 あなたの小さな犬の防寒はあなた次第です。 犬の安全を確実にするいくつかの手順を踏むことによって、あなたの犬は冬の間も温かく快適に過ごすことができるでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)