愛犬の若々しさを保つために気を付けるべきこと

適切な体系や手入れされた毛皮を保つためには、こまめなお手入れが必要な犬種があります。

特に老齢になってくると、いつまでも適正な体系でいるには、飼い主の助けが必要です。

これは年をとるに従って運動量が落ちることや、人間でも中年になってくると同じように代謝が落ち体重が増えやすくなる傾向にあるためです。

いつまでもあなたの犬の若々しさを保つために、以下にいくつかのエクササイズや栄養のヒントを書いていきます。

pet-173005_640

エクササイズ

年齢に関係なく、犬にとって運動や刺激は肉体的、精神的、そして心の面でも良いことです。

気楽に構えよう

老齢の犬にとって、重要なことです。

散歩は彼らにとって筋肉を鍛え、関節を動かすことができる理想的なものです。最近あまり運動していないようであれば、ゆっくりしたペースの短時間の散歩から始めましょう。散歩の長さは、犬の体調や年齢、犬種、そしてもちろん天気によっても様々です。多くの老齢の犬達は、5分程度のウォームアップと15分程度の散歩でよいでしょう。(ゆっくりしたペースからはじめ、徐々にきびきびしたペースへしていくようにしてください。)散歩の後は5分程度、犬を休ませてクールダウンさせてあげてください。

加齢によって太り気味の犬にとっては、1度の長時間の散歩より、毎日の少しずつの散歩が良いことを心に留めておいてください。

一緒に遊ぶ

犬と遊ぶことは、彼らを運動させるすばらしい方法です。でも、遊びは軽めにしておくこと。例えば、「取ってこい」などでは、彼らが若い時のように思いっきりボールを遠くまで投げたりはしないように気をつけてください。近めに投げることで、疲れすぎてしまうことを防げます。

スポンサーリンク

屋外だけではなく、室内で遊ぶのも良いでしょう。暑すぎたり寒すぎたり、天気が良くない時はあなたも、犬も居心地の良い部屋の中で一緒に遊んでみてください。

運動の後には

運動後は、30分程度食餌は与えないようにしてください。

疲れているようだったら、彼らに取って心地いい場所、例えば整骨効果のあるベッド等で休ませてあげてください。

運動すると喉が乾くので、いっぺんに大量の水を与えるのではなく、少しずつわけながら飲ませるようにしてください。

栄養

人間と同じように、犬達も加齢によって代謝や運動量が減っていきます。私たちと同じように、彼らの食事もこの変化に合ったものにする必要があります。では、いつから食餌の内容を変えればよいか、そして老齢の犬に必要な栄養とは・・・?

正しい種類のタンパク質を摂ること

老齢の犬には、タンパク質量の少ない食生活が必要と考えがちですが、実は必要なタンパク質の量は、健康な犬であれば年齢によって変化はありません。歳をとっているからこそ、良質で吸収の良いタンパク質は、強く健やかな筋肉を保つために必要になります。

カロリーに気をつける

人間もある年齢になってくると、摂ったカロリーがあまり嬉しくない形で身についていきますよね。これが「犬は飼い主に似る」といわれる所以でもあります。

老齢の犬は運動量が減るために、元気いっぱいの子犬のようにカロリーを消費しません。これが老齢の犬は若い犬に比べて少ないカロリーしか必要でない理由です。

繊維質が全て

繊維質が大切なのには、いくつかの理由があります。

まずは、満腹感を得られること。つまり大量に食べなくても満足できるため、カロリーを摂りすぎることがありません。

そして繊維質には、健康的かつ定期的な排便を助ける力もあります。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)