ケネルコフ(犬伝染性気管気管支炎)って何?原因や治療法は?

あなたが休暇に出かけている間、あなたの愛犬がドッグホテルなどに預けられていたとしたら、ケネルコフ(犬伝染性気管気管支炎)の心配があるかもしれません。

このよくある病気について、あなたが知っておくべきことを書いていきます。

ケネルコフ(犬伝染性気管気管支炎)って?

ケネルコフ、または犬伝染性気管気管支炎として知られている、非常に感染力の強い犬の呼吸器系の病気です。

犬の上気管にはいくつものウイルスや細菌を含むいくつもの微生物がいますが、その中の気管支敗血症菌がこの病気の原因となります。

この菌に感染した犬は、高音の咳や、タンが絡んでいるような音を出します。多くが一日中頻繁に咳をするようになります。

運動などによって咳が誘発されることもあり、一般的には1〜3週間程度、この症状に悩まされます。

原因は不潔な犬小屋?

清潔に保たれた通気性の良い犬小屋でも、あなたの愛犬はこの病気に感染する可能性があります。実際のところ、同じスペースに何頭もの犬がいる時−例えば犬小屋や動物保護シェルター、ドッグショーや、ドッグランなどは感染の可能性がもっとも高くなります。

ケネルコフは隣人の犬との挨拶や、獣医への定期検診などでも感染する可能性があります。

犬小屋を管理していた人や、ペットホテルなどの管理者を責めないであげてください。誰にも知られずに感染していた犬と触れ合ったことで、感染してしまったことも考えられるのです。

スポンサーリンク

どうやって感染するの?

ケネルコフは、人間の風邪と同じようにして広まっていきます。

空気感染するこの菌は、微細な水蒸気や塵にのって運ばれます。犬がそれを吸い込むことで、菌は気管や上気道にくっつき、その暖かく湿った最適な環境で育ち感染を起こします。

最良の治療法は?

時間が一番の治療法です。この病気に感染した犬の多くは、全く治療などを必要としません。

その厄介な咳以外は、食べたり眠ったり、そして遊んだり全くいつも通りに過ごせます。

かかりつけの獣医師に処方薬または処方外薬で咳を抑える治療が必要か、相談してみてください。

熱が高かったり、咳があまりにひどい場合は、回復を早めるために抗生物質での治療が行われるでしょう。

気管支敗血症菌のワクチンを愛犬に打つべき?

あなたの愛犬を頻繁に外部にあずけたり、またはドッグショーなどの多くの犬が集まるイベントに参加していないのであれば、ワクチンの必要はあまり無いと言ってよいでしょう。

ワクチンを打つ場合は、ワクチンには注射で行うものと、径鼻投与の2種類があることを覚えておいてください。

通常、径鼻投与のものの方が、注射に比べて即効性があります。

もしあなたの愛犬がケネルコフにかかってしまったら、長くても3週間程度で治ることを頭において、暖かな場所でゆっくり休養させてあげてくださいね。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です