犬が仲間の死に悲しんでいるときの対処法

あなたの犬が、仲間の犬の死に接することがあれば、それはひどくつらいことです。犬が死というものについてどれくらい理解しているのかということはよく分かっていないものの、仲間が死ぬと犬は非常に落ち込む、ということは明らかです。

大好きな人に先立たれた人間と同じように、多くの犬は食欲が減退し、お気に入りの遊びにも興味を示さなくなり、無気力状態になったり長時間眠って過ごすようになったりします。そういった犬の行動が心配になったら、掛かりつけの獣医師に相談してみましょう。あなたの悲しみを癒やす助けになるような薬を処方してくれるはずです。

 

新しい立場

ある犬が自分の仲間の死を悲しんでいる時、彼が悲しんでいるのはその仲間自体がいなくなったことと、その死んだ仲間が占めていた群の中での立場が空白になったことです。あなたの犬は今や、子分のいない親分であったり、あるいは親分のいない子分になってしまったわけです。ですから、あなたの犬が健全な、新しい立場を見いだす助けをしてあげることが重要になります。

穏やかな気晴らし

あなたの犬が悲しみに暮れているならば、彼に今まで以上の注意を払ってやり、愛情を注ぎ、遊びを提供してあげる必要があります。散歩に連れて行ったり、車で一緒に出掛けたり、人を招いたりするとよいでしょう。心によい刺激を与えるようなおもちゃを買ってやるという方法もあります。

スポンサーリンク

仮にあなたの犬が年を取っていたとしても、生涯を通して何かを学び続けることができるものです。新しい芸を教えたり、ちょっとしたゲームを教えたり、毎日、一定の時間を取って犬と一緒に過ごすことにするのもよいでしょう。15分ほどブラッシングをしてあげたり、マッサージをしてあげたりするのです。やがて、そうした新しい習慣を楽しみに待つようになります。

我慢強く接することが鍵

「時が全てを癒やす」ということわざがありますが、あなたの犬にもやはりこれは当てはまります。あなたが始めた新しい遊びや、いつも以上構ってやることに対して犬がすぐには反応を示さないからといって、犬にあたったりしてはいけません。ただ我慢強く接し続けていれば、いつか応えてくれます。

犬が悲しみに暮れて過ごしている間、彼があなたの気に入らない行動を示したとしても、それに注意を向けないことです。彼のつまらない行動をさらに悪化させるだけですから。吠えたり、鼻を鳴らしたり、うなったりしている時に止めさせようとせず、大人しく座ったり休んだりしている時に構ってあげましょう。

新しい犬を飼う?

今はまだ新しい犬を飼う時期ではないでしょう。いくつか挙げることができます。年取った犬は環境が変化することを好まず、新しい仲間になれようとすることがストレスになることがあります。そして、あなたの犬は仲間がいなくなった状態にいつかは適応できるはずだということを忘れないで下さい。彼はやがて自分自身の力で元気を取り戻すことができます。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)