犬を飼う費用をできるだけ抑える方法6つ。

おすすめ!


可愛いけどそんなにお金をかけられない。多くの犬の飼い主はより費用をかけずに最良な世話をできるよう努力しています。
人によっては単におやつを少なくしトリマーに通うことを少なくするだけの問題です。何人かの獣医は定期健診をせずに薬を減らす飼い主がいるといいます。

確かに、これで費用を抑えることができるかもしれませんが、ペットを危険にさらすことになります。
また、犬の飼い主の中には、糸状虫やノミやダニの予防をしなくてもいいと思っているような方もいます。
しかし、この問題は予防よりかなり多く費用がかかることもあります。さらに、心臓病、腎臓病、関節炎のような感染症や老齢の退化的な病の場合は病院に行かないと放置されたり気づかれなかったりすることがあります。ペットが緊急処置を必要とするまで待つのではより多くの費用がかかります。

定期的に獣医に行き、他の部分で浪費を避けてください。創意工夫と賢い買い物で節約とペットへの正しいケアができます。

1.割引やクーポンを探してください。

ドッグフードのクーポンはスーパーマーケットのダイレクトメールやオンラインで幅広く入手可能です。何円かの節約はあまり意味がないと思うかもしれませんが、その節約は積み重なります。もしカタログに載っている糸状虫やノミやダニの予防の対する金額が低価格なら、行きつけの獣医と比べてみてください。

スポンサーリンク

2.ペットケアサービスとの物々交換を考えてみてください。

あなたの才能やサービスが犬の散歩や世話のサービスと交換できるか考えてみてください。またはあなたの犬を喜んでお世話してくれる飼い主仲間を探してみてください。

3.大量に購入してください。

ネットの犬用品カタログで犬のえさやガムを探し、必要になるまで冷凍庫で保管してください。ドッグフードを大量に購入することでも節約できます。小型犬がいるなら、空気を通さない容器の中に少量を保管して、他は空気を通さない容器もしくは丈夫なごみ袋に封をして保管してください。

4.無料もしくは低価格の狂犬病ワクチンを探してください。

動物病院の代わりにペット用品スーパーのワクチン接種デーを探してください。また動物保護施設や非営利組織に避妊、去勢、また他の獣医に支払うより安く提供しているかもしれないサービスについて問い合わせてみてください。

5.獣医に支払方法について聞いてみてください。

獣医は一般的に情け深いので、週毎もしくは月毎の支払方法ができるか尋ねることを恐れないでください。多くの開業医はあなたが前払いで全額支払えないなら、快く交渉します。

6.家でグルーミングをしてください。

トリマーのところに定期的ブラッシングに通う費用を節約してください。また家の周りの犬の毛を減らすのにも大変良い方法です。また、ペットの爪を定期的に切る方法も覚えてください。難しくありませんし、それによって床や家具を長持ちさせることができるかもしれません。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です