手作りで犬小屋をつくるときに注意すべき4つのこと。

犬小屋というのは犬が楽しめて、外にいる時間を過ごすのにピッタリなものでなくてはなりません。
もしあなたが犬小屋を建てたり買ったりしようと思っていて、どんなものがいいかまだ分かっていないなら、この記事は大いに役に立つでしょう。

1.1つのサイズがすべての犬に合うわけではない。

まず初めに考えなくてはならないのが、あなたの犬のサイズです。
犬小屋は犬が十分に立ち上がったり、ぐるぐる回ったり、快適にのびのび過ごしたりできるほど大きくなくてはなりません。
しかし、大きすぎるのもだめです。犬小屋が冷めやすくなってしまいます。
また、壁や床の取り外しができれば掃除もしやすくなりますよ。

2.木にする?プラスチックにする?

次に考えるのは木製の家にするかプラスチック製の家にするかです。
もし木にするなら、木製の犬小屋は木材が腐るのを防ぐために、地面から数センチ上にする必要があることを覚えておいてください。
防水仕様の木材であかどうかも確認しておきましょう。
プラスチックの犬小屋は防水と絶縁体の素材であることを確認しなければなりません。
防水や絶縁の使用は簡単に導入できます。
自分の家に合わせた犬小屋にしてみるのもいいですね。
もし、カントリー風の家に住んでいるなら、犬小屋もそれに合うように木製にしてみてはどうでしょうか?
庭にプラスチックの遊具が置いてあるようなら、プラスチックの犬小屋もきっと合うでしょう。

スポンサーリンク

3.場所はどうしよう・・・

犬小屋を置く場所も重要です。
夏は我慢できないほど暑くなります から、直射日光の当たる場所にはおかないでください。
できれば木の下のような影ができるいいところを見つけましょう。
家の陰に犬小屋を作ったり置いたりする人もいるかもしれません。
確かにそれは暑さ寒さを防ぐこともできます。
しかし時として、同等、もしくはそれ以上の暑さ寒さを与えることがあります。

4.他に考えることは

冬の間は、犬小屋の玄関はプラスチックのふたか何かで寒さを防げるようにしましょう。
絨毯の端切れをあげるのもいいですね。
暖かくなったときは、蓋を取って暑さが逃げていくようにしましょう。
そして適切なベッド防熱の床によるになっているかどうか確認しましょう。

最後に、常に犬小屋を清潔に保つことが必要です。
犬が楽しいだけでなく、健康に居られる環境にしましょう。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です