ボクサー犬と股関節形成不全。症状の見分け方や処置など。

ボクサー犬は頑強で筋骨隆々とした体格をしてはいますが,股関節形成以上という病気に悩まされる可能性があります.この遺伝病は股関節の変形が進行していく病気です.主に大型犬によく見られ,生後4~12ヶ月で症状が現れ始めます.

イヌが股関節形成不全を患うと,股関節が正常に発達しなくなってしまいます.大腿骨の先端がきちんと股関節のくぼみにはまらなくなります.この「球体とくぼみ」のつながりがうまく形成されずに不安定になった結果,炎症が起こります.症状の重さにもよりますが,この病気は強い痛みや,時には深刻な関節炎も伴います.

症状の見分け方

股関節形成不全を患ったイヌは異常な歩き方,走り方をするようになり,また後ろ足を目一杯伸ばすような動作を嫌がります.ジャンプを嫌い,ウサギ跳びのような走り方をすることもあります.また,運動後や起き上がるときに後ろ足にこわばりや不快感を見せることもしばしばあります.

これらの兆候は,必ずしもイヌが痛みを感じていることを意味しません.単に痛みのないように動き方を変えているだけかもしれませんから.病状が進行するにつれて,筋肉のハリが失われ,起き上がるのにさえ介助を必要とするようになるかもしれません.

診断と処置

もしあなたのイヌが股関節形成不全かもしれないと思ったら,すぐに獣医さんに行きましょう.X線検査が,本当に股関節形成不全かどうか調べるための唯一の方法です.

スポンサーリンク

軽度の股関節形成不全を患ったイヌに対しては,痛みを和らげるための投薬治療が行われます.股関節形成不全に対処する上でもっとも重要な点は,後ろ足の筋肉をできるだけハリのある状態に保つことです.そのためには,ウォーキングやジョギング,そして関節への負担が最も少ない水泳などで,適度に活動させる必要があります.股関節形成不全を患った多くのイヌが,古くから運動と投薬で適切に対処されています.

股関節形成不全を避けるための秘訣

  • エサを与え過ぎない.エサの与え過ぎは体重を過度に増やし,関節に架かる負荷を増やすことになります.もしあなたのイヌが遺伝的に股関節形成不全を患いやすい,もしくはすでに患ってしまっているのなら,エサの与え過ぎは病気を悪化させることにもなります.
  • 評判の良いブリーダーからイヌを買う.片方の親が股関節形成不全を患っていた場合,その子供も股関節形成不全を患うリスクは倍になります.とはいえ,この病気には複数の遺伝子が関与しているため,正常な両親から生まれた子犬がこの病気を発症する可能性があることも注意しなければなりません.
  • イヌが行う動作のタイプをコントロールする.高いところからのジャンプは危険であり,同様に後ろ足だけで長時間立っているのも危険です.アクロバティックな活動,例えばボールやフリスビーを追いかけさせるようなことは,関節に負荷をかけるので避けた方が良いでしょう.

研究者たちはこの進行性で痛みを伴う症状について多くのことを明らかにしていますが,この病気で苦しむイヌを救い,またこれ以上の発症者を出さないために,私たちはもっと多くのことを学ばなければなりません.

 

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)