夏の犬を暑さ対策。涼しくするための11箇条。

日が昇りーそしてあなたの熱で—警戒度はとても上がっています。

特に、もしあなたが老犬を飼っているのであれば極度の夏の暑さを甘くみないようにしましょう。もし犬がひどく喘いでいる、涎が垂れている又は泡を吹いている場合、熱に関する問題を抱えているかもしれません。犬を冷たい場所に連れて行き少しずつ冷たい水を与え、そしてもし犬が数分の間によくならなければ犬の主治医に連絡を取ってください。ここにいくつかのコツを載せます。

dog-1310545_640

1.グルーミングは必須!

犬を夏用にグルーミングしましょう。短い夏の刈り込みは多くの犬にとって良い事です。しかし犬を丸刈りにしたいという衝動は押さえてください。犬の毛皮は夏の間の暑い空気を自然に遮断するシステムの一部なのです。ですから犬の毛を短く刈りすぎてしまうと、日差しのリスクに晒してしまうのです。

2.犬がリラックスするための日陰がある事を確認してください

もし夏の間、犬が多くの時間を外で過ごす場合は日差しから守られている場所か、犬が室内に行きたい時にいつでも行けるようペットドアを設置してください。あなたのように、焼けるような暑さの日は犬も日陰が好きなのです。

3.家の室内の事を考えてください

あなたが1時間以上外出するときは犬を室内に留めてください。もし可能であれば、犬をエアコンまたは扇風機がある部屋に入れておきます。—しかし扇風機は確実に犬と距離を取ってください。

スポンサーリンク

4.犬の寝床を涼しく保ってください

クッションのようなものは犬のケージ又はベッドから取り除いてください。底が冷たいのでおそらくブランケットかフリースよりも、もっと快適に横たわる事ができます。あなたは近くのペット専門店で新しいクーラーマットを見つける事もできるでしょう。そのうちいくつかは冷たさを保つため水を使用し、犬はその上に横たわります。

5.新鮮な水を十分に与えてください

暑い夏の日に素敵で爽やかな飲み物で楽しむのはあなたひとりではありません。そしてもしあなたが暑い日に犬と散歩にいくならば、犬の為に水と水用のボウルを持っていくようにしてください。外に散歩に行くと言えば・・・

6.涼しい時間に散歩と運動をする事を守ってください

散歩の時間は早朝か日が落ちたらにしましょう。犬は涼しい気温を歓迎するでしょう。

7.絶対に犬を暑い日に車の中に入れたままにしないでください

もしあなたが車を日陰に少し窓を開けて停めたとしても、温度は急激に危険なレベルに上がりうるのです。

8.トイレのふたは閉めておいてください

この時期は1年で犬が一時的に冷たい水を便器から飲もうとする時です。ですからふたは閉めたままにしておき、常に化学洗剤や空間洗浄剤を便器に入れたままにすることを避けましょう。

9.地面の暑い場所を調べてください

アスファルトは犬の肉球をじりじりと熱します。表面を自分で触ってみてください—もしあなたにとって熱過ぎるようであればそれはおそらく犬にとっても熱過ぎるでしょう。

10.犬にホースで水をかけましょう

優しく冷たい水をかけるようにしましょう。犬が楽しい経験をするまで、あなたは何度か挑戦するかもしれない事を気に留めていてください。もし全て計画通りに行き一度上手に濡れれば、彼は幸せで爽やかな気持ちになるでしょう。

11.最新の冷却用首輪をチェックしてください

近くのペット専門店に冷却用首輪の在庫があるかもしれません。ただ首輪を氷でいっぱいにして、氷が溶けるまでは犬を涼しく爽やかに保つのに役立ちます。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)