都市で犬を飼うエチケット

都市で犬と一緒に暮らす場合、守らなければならない2種類のルールがあります。

まず、都市の条例に従わなければなりません、例えばリードの規制があったりライセンスが必要であることです。次に、「犬のエチケット」といった暗黙のルールがあります。犬を飼っていく中で、また他の飼い主の様子を観察することで学んでいくことがあります。あなたがそれを苦労して学ばないように(つまり他の飼い主に叱られる前に)、リストを作成しました。

Somerset County Park Commission

○都市で犬を飼っている方へのアドバイス

・散歩をするときは常にリードを持っていてください。正しくリードで繋いでいるか確かめるために地方自治体によっては180㎝以内のリードを使用しなければならないところもあります。

・犬のフンは持ち帰りましょう。またあなたの愛犬のフンを捨てるのに近所の家のごみ箱を使ってはいけません。

・もし犬の散歩をしている他の人が近づいてきたら、犬を引き寄せるためにリードを短くしてください。もし愛犬を他の犬と仲良くさせたいなら、その飼い主をまずチェックしてください。もしその飼い主がOKの印を出したら、犬同士を会わせてください。しかし犬がフレンドリーな関係を築くまでは注意していてください。

スポンサーリンク

・特に伸縮自在のリードを使っているときは愛犬をしっかり見ていてください。

・すべての人が犬好きではないので、見知らぬ人のところに許可なしで走り寄っていかないようにしてください。

○犬の公園にもマナーがあります!

・地元のほとんどの犬公園にはルールが掲示されています。そのルールを毎回チェックしてください。

・リードはリード不要エリア以外では取り外さないでください。他者の安全のため、また愛犬の安全のためです。

・犬のフンの始末をしてください。犬用トイレではなく、犬の公園なのですから。

・愛犬を見失わないでください、また放っておかないでください。愛犬が危害にあうのは一瞬です。

・発情期のメス犬を連れ込まないでください。また去勢されていないオス犬をリード不要エリアに連れて行くのもおすすめできません。特に他の去勢されていないオス犬がいる場合には攻撃的な振る舞いをするかもしれません。

・もし愛犬が攻撃的になったら、リードをつけ公園から出てください。

・もし愛犬が自分のおもちゃにとりわけ所有欲があるなら、おもちゃは公園に持ち込まないでください。

以上のシンプルなエチケットの常識ルールを守ることでシティライフは愛犬にとって楽しいものとなります。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)