あなたの犬は正しいカラー(首輪)を付けていますか?

市場に販売されるカラーの種類は、毎年増え続けているように見えます。

新しいカラーを探しに地元のペットショップに軽く立ち寄ったところ、膨大な種類に迷わされて気付けば長居してしまったということにもなりかねません。あなたは“伝統的な”カラーやリード(手綱)が欲しい/必要ですか、それともファッション性のあるカラーをお望みですか?あなたは、レザー、ナイロン、金属鋲、真鍮のバックル、青色、赤色、緑色、またはその他の色がお好みですか?あなたに考えがある場合でも、あなたの犬にとって正しいカラーとは、実際にはあなたにとってではなく、あなたの犬にとって最善のカラーでなければいけません。

ある犬に正しいカラーが他の犬にも正しいとは限らない

あなたが犬のために選択するカラーは、あなたの犬についてのいくつかの特徴に基づくべきです。すなわち、犬の性格、訓練水準、および体のサイズ/体形です。

人気のある主なカラーのタイプと、上記の要因があなたの犬にとって正しいカラーを決定するためにどのように役立ち得るかを以下で見てみましょう。

伝統的な円周固定型カラー

このカラーはレザー、ナイロン、または他の素材に関わらず、多くの穴が開いていて、そこからカラーの円周サイズを選択できます。まさに典型的なベルトのように、バックルを選んだ穴に差し込めば、円周が固定されます(穴を変更しない限り)。これは最も一般的なタイプのカラーで、犬が比較的良く躾けられている場合の、多くの犬種に適します。このタイプのカラーを犬に付ける時は、緩すぎたりきつく締めすぎないように注意してください。カラーと犬の首の間に、指を2本入り込ませられるくらいが理想的です。カラーが犬の頭から滑落しないように注意してください。

スポンサーリンク

躾け用/チェーン/スリップ/チョークカラー

円周固定型のカラーと異なり、これらのカラーは犬がリードを引っ張った場合、首回りを締め付けるように設計されています。犬の躾けが不十分で、散歩中に強い力でリードを引っ張ることが多い時に、これらのカラーを選択する場合があります。カラーが犬の首回りを締め付けると、犬は不快に感じて引っ張ることを止めるでしょう。このタイプのカラーを選択する時は、事前に獣医かプロのドッグトレーナーに相談してください。

ハーネス

ハーネスはカラーとは異なり、首回りではなく犬の前足の後ろ側を通り、肩周りに取り付けます。何故、ハーネスの方が時々良い選択になるのでしょうか?もしも、犬の呼吸や気管に問題がある場合、ハーネスは犬のそういったデリケートな部分に圧力を加えません。多くの獣医およびダックスフントのオーナーは、カラーは首を引張ることで結果的に犬の首や背中を傷付けて、椎間板を痛めやすいため、ハーネスはカラーよりも安全で快適だと信じています。伝統的なカラーはまた、正しく取り付けられていない場合、ダックスフントの長く傾いた頭から滑落する可能性があります。

あなたの犬に対して正しいタイプのカラーを見つけたなら、あなたのスタイルセンスに任せて、あなたの好む色、模様、素材のカラーを見つけてください。

そして、忘れないでください、あなたの犬のカラーは、あなたが重要な情報、すなわちITタグ、電話番号、関連する健康情報などを付けておく場所です。そのため、あなたが選択するカラーは、あなたがそれらの重要情報を留め付けた後に、あなたの犬が快適さを保てるように注意してください。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です