2月は歯の健康月間:愛犬の歯を清潔に保つための4つのヒント

2月は歯の健康月間です。

犬も口腔ケアが必要だということを覚えておくよい機会です。歯の健康はあなたのペットケアの優先順位の最上位ではないかもしれませんが、歯の健康は愛犬の健康そのものにとって大切なことです。歯のケアをすることは、口臭を抑え、歯周病(3歳以上の犬が最も診断されることが多い病気)を予防するだけでなく、より健康的な生活を送るのに実際に役立っています。

愛犬の歯を清潔に保つ最良の方法は、定期的に歯みがきをすることです。

あなたの指にフィットする小さな指歯ブラシを探してください。使いやすく、織物加工のデザインにより効果的な磨きが可能です。犬用に特別にデザインされた歯ブラシを使ってもよいです。それから、ペットショップで入手できる犬用の歯磨き粉だけを必ず使うようにしてください。人間の歯磨き粉は簡単に泡立ちすぎて、犬が飲み込むと、有毒・有害となりかねません。口腔ケアの極みとして、ペット用オーラルリンスに挑戦してみるのもよいでしょう。

お口の中をもっと健康にするためのちょっとしたヒント

1.愛犬の食事に注目してみてださい。

硬い粗びきの食べ物のほうが歯に歯垢が蓄積するのを防ぐ点でわずかに優れていることが研究からわかっています。もし、愛犬に缶詰のペットフードばかり与えているのであれば、ドライフードと缶詰を混ぜてみてください。そうでなければ、ウェットフードにオーラルケアのおやつを補充してみましょう。(下記を参照ください)

スポンサーリンク

2.噛むものを与えてください。

オンラインショップやあなたの地域のペットショップには、愛犬の歯と歯ぐきにとって有益な商品が多数揃っています。歯を傷つけてしまうような大きすぎるもの、硬すぎるものは選ばないように注意してください。研磨のもので歯を磨り減らしてしまう恐れのあるおもちゃは使わないでください。

3.歯石をコントロールするおやつを探してください。

歯垢や歯石の生成をコントロールするのを手助けするために、特別にデザインされた「PEDIGREE® DENTASTIX® Daily Oral Care Snack Food for Dogs」のようなデンタルガムもあります。必ず医学的に保証されたスナックを選ぶようにしてください。

4.歯垢や歯石を増殖させ、他の健康上の問題を招く恐れがあるため、食べ残したものや甘いおやつを与えないようにしてください。

まとめ

歯ブラシ、噛むもの、粗びきの食べ物、オーラルケアスナック、あるいは、4つの組み合わせのどれを選んだとしても、必ずそれらを継続するようにしてください。あなたのちょっとした用心で、愛犬がお口の健康を維持する手助けをすることができます。そして、お口の健康を維持することは全般的な健康を維持し、さらに長生きできることを意味しているのです。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です