ビーグル犬を飼うときに注意すべき6つのこと。

おすすめ!


dog-574873_640

飽くなき好奇心と活力にあふれているビーグルは、飼い主が予想する以上に熱中することがあります。この活気にあふれた犬種にとっては、家の中のあらゆるものが、いつ起きてもおかしくはない冒険になるのです。そこで、ビーグルの飼い主のみなさんはどうしたらよいでしょうか。自宅の安全を確保し、この熱中者が健全に過ごせるいくつかの方法をご紹介しましょう。

1.食べ物はラップなどで隠して保管しましょう。

ビーグルは貪欲な犬で、その辺に置かれたままの食べ物はなんでも貪り食べてしまいます。パーティのあとなどには、コーヒーテーブルやサイドテーブルの上の食べ物は全て片づけましょう。そして、残り物は台所のテーブルやカウンターに置いたままにしないようにしましょう。

2.猫用のトイレはビーグル犬には届かない場所に置きましょう。

猫のトイレの匂いや素材は、詮索好きで臭跡癖のあるビーグル犬種にとって、とても魅力的なものに見えます。ですから、あなたの猫だけが簡単にアクセスできるような場所に猫のトイレを保管することが重要なのです。

3.家庭用の観葉植物はビーグル犬には届かないところに置きましょう。

アマリリスやイングリッシュアイビー、その他のアイビー品種などを含む観葉植物の多くは、犬にとって有毒の場合があります。もし、自宅の観葉植物が危険物になるようであれば、あなたの可愛いビーグル犬が椅子やソファに飛び乗っても届かない場所に置きましょう。

スポンサーリンク

4.薬は犬にとって安全なキャビネットに保管しましょう。

処方薬は、あなたの可愛いビーグル犬には致死力の高いものでもあります。薬は、あなたの可愛いビーグル犬が届かないキャビネットに必ず保管するようにしましょう。

5.大切なものはビーグル犬には届かないところに保管しましょう。

コーヒーテーブルの上の本であろうと、イタリア製の皮靴であろうと、もし放置されていれば、あなたの可愛いビーグル犬にとっては、噛んでいいおもちゃになってしまうのです。もしあなたの大切なものであれば、あなたの愛犬からは届かないところに保管しましょう。

6.庭を安全な場所にしましょう。

ビーグル犬種は穴を掘るのが大好きで、フェンスに囲まれた庭では出口としてよくトンネルを作ります。庭のフェンスが安全であることを必ず確認してください。そして、賢いビーグルに簡単に手を加えられないようにしましょう。また、庭や園芸用の化学薬品は全て物置やガレージに保管しましょう。

あなたの可愛いビーグル犬にはしっかりとした意志があって、その溢れるエネルギーを消費するためには運動や精神的な刺激が必要なことを忘れないでください。もし、あなたの可愛いビーグル犬が破壊的になってきたことに気付いた場合は、刺激を受けさせるために、服従訓練やアジリティやフライボールなどのトレーニングについて調べてみましょう。活動的なビーグル犬は、立派なビーグル犬なのです。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です