ラブラドールレトリバーの健康リスク。股関節形成不全とその他の病気。

強く、賢く、遊び心があり、フレンドリーなラブラドールは愛すべき友です。しかし、その他全ての犬と同様に脆弱な面も持っています。犬の健康リスクを理解しておくことは、早期発見と予防につながり、愛犬の素晴らしさの意識を保つことが出来ます。

股関節形成不全:痛みを伴う状況

多くの大型犬は、股関節形成不全という病気になりやすく、あなたの愛犬も例外ではありません。この病気は不安定さと関節炎により股関節の異常な形成を引き起こします。病気が進行するにつれ、痛みと跛行が起こります。

股関節形成不全は一般的に経口薬や注射、あるいは獣医により手術治療が行われます。ラブラドールを飼おうと思っている人は、この問題の保護のためにブリーダーから子犬の親の「ヒップスコア(股関節機能判定)」を求めることが出来ます。股関節形成不全は遺伝性で、良い「ヒップスコア(股関節機能判定)」を持つ犬は、子孫に遺伝率が少ないということを表します。しかし、多くの遺伝子が関与しているため、良い判定を持つ犬でも子犬に影響が出ることもあります。

ラブラドールは簡単に太ってしまい、追加された体重は股関節形成不全に悪く影響します。
その他の健康問題

食べ物に気を付けましょう。

ラブラドールは遊ぶのと同様食べるのが大好きです。道端の清掃とゴミ拾いは健康を害する恐れがあります。正体不明な食べ物の摂取は胃の問題や病気を導くため、直ちに取り除いてあげましょう。また、カロリー摂取にも気を付けてあげましょう。

スポンサーリンク

耳の感染。

外耳道をカバーする長く垂れ下がった耳は、暖かく湿った空気を閉じ込めてしまいます。ラブラドールの耳は細菌や感染症に適した繁殖地であるため、ラブラドールの耳を定期的に掃除し、獣医に相談するようにしましょう。ペットショップで売られているコットンボールを使用し、耳を掃除します。外耳道に深く突っ込まず、垂れた耳の内側を丁寧に掃除します。耳に異常な蓄積物や排泄物があり、悪臭があった場合はすぐに獣医に相談しましょう。おそらく原因は感染で、プロによる治療が必要となってきます。

尻尾

ラブラドールは水中で尻尾を使って舵や安定性を保ちます。しかし、過度の使用は尻尾の痛みや腫れにつながります。尻尾がひきつけを起こす場合もあります。犬にとっては不快ですが、深刻ではないため、通常休息により改善されます。獣医により抗炎症剤が処方される場合もあります。

喉頭麻痺

犬の喉頭筋肉の麻痺によるもので、中高年のラブラドールに見られます。鈍い声の吠え方、呼吸困難、運動許容範囲の減少などの症状があり、生命を脅かし、外科的治療が必要になることもあります。

病気を最小限に抑えるため、犬に影響を与える病気についてや、健康予防計画について獣医と話をするのもいいですね。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です