活発な愛犬用のリードの種類と選び方

最近ではたくさんの種類のリードが売られています。

あなたの活発な愛犬にはどれが一番良いのかどうやって判断すればいいのでしょうか?情報をより多く得て結論を出すためにいくつかお知らせします。また、多くの飼い主はリードを選ぶときに一緒に首輪(もしくはハーネス)を購入するので、そちらも見てみましょう。

○材質の違い

大きなペット用品店に行くとリードや首輪が革、ナイロン、金属チェーン、山登り用のロープから作られていることがわかります。これらの製品の1つの(もしくはそれ以上の)特長は、軽い、反射する、点灯できる、パーソナライズできる、飾り付けられる、特定の品種用などです。

○正しい選択をしましょう。

愛犬のサイズ、形、品種に関わらず、耐久性があり、安全で、犬を簡単につないでおけるリードを求めていると思います。また、もちろん、首輪またはハーネスは愛犬にぴったり合わなくてはなりません。さらに、多くの種類の中から選ばなくてはなりません。

○あなたの元気な犬にぴったりのリード、首輪、ハーネスをご紹介します。

・通常のリード

多くの犬には頑丈で約180㎝の革、ナイロン、高品質の金属クリップがついたチェーンリードがぴったりです。実用的で、活発な犬をつないでおくことができます。クリップはしっかりと愛犬の首輪/ハーネスの金属リングに装着してあることと、リードの重さは愛犬の体重にちょうどいいものである必要があります。

・トレーニング用リード

短いリードは犬に飼い主についてくることを教えるのに役立ちます。大型犬には、約30㎝のリードがベストです。中型~小型犬には約60㎝のリードが理想的です。

・山用ロープのリード

このリードは大型犬にぴったりです。強いけれども軽く、山登り用ロープから作られています。山登り用のスナップフックは頑丈で信頼できます、理由は真鍮から作られており錆びたりかけたりしないからです。

・一般的な首輪

留め具があるナイロンや革の首輪は一般的に良い選択です。多くの犬にとっては良いのですが、もし大型犬や力の強い犬を飼っている場合は強固なベルト式首輪がより安全な選択肢です。

・ヘッドホルター

この首輪は大型でエネルギーにあふれた犬をコントロールするのに役立ちます。リードを引っ張ると(リードが犬のあごのリングにつながれた状態で)、犬の鼻口部や首に力を加えることになります。これであなたが犬を進ませたい方向に頭や体を向けさせることができます。Gentle Leader®のようなヘッドホルターは訓練用首輪の代わりとして、大変効果的です。またこれにより小柄な大人や子どもも大きく荒々しい犬を扱うことができます。ヘッドホルターに決めたら、愛犬がこれに慣れるまで時間を使ってください。また、犬によってはこの代替手段にすぐには適応できないことを覚えていてください。

スポンサーリンク

・2重の首輪

毎日つける2重の首輪は特にエネルギッシュな大きく強い犬にぴったりです。

・特定品種用首輪

特定の品種用にデザインされた首輪は多くの品種にとって良い首輪です。例えば、グレイハウンド、イタリアングレイハウンド、ホイッペットはとても敏感な首を持ちます。だからそれらの品種の首輪は首の正面の部分は広めで厚めにできており、首の後ろでは薄めにできています。

・ボディハーネス

小型犬に理想的で、ボディハーネスをつけることでデリケートな首や背中に力を加えることなく犬をコントロールできます。

・引っ張るリードがないハーネス

この窒息することや痛みがないハーネスはあらゆるサイズ、品種の遊び好きな力強い犬をよりコントロールします。

○求める特別な特長

いろいろな方法でカスタマイズできるリードや首輪を探すのに加え、以下の特別な特徴をもった製品を見つけることができます。

・IDのついたリード、首輪、ハーネス

安全第一です。犬の重要な情報と一緒に印刷され、または縫いこまれます。あなたのエネルギーにあふれた愛犬が逃げ出したときのために、犬が家に安全に帰るための情報として必要になります。

・反射/光るリード、首輪、ハーネス

大体ウォータープルーフの、反射したり光る材質から作られています。車やトラックのライトを反射し、犬を見えやすくするので夕暮れ時には重宝します。

・リード、首輪、ハーネスチェック

1ケ月に一度、簡単なチェックをしましょう。首輪とハーネスをよく見てみましょう。擦り切れたり、噛まれたり、ぼろぼろになっていませんか?また、犬のリードもチェックしてください、リードと首輪もしくはハーネスとの繋ぎ目のチェックも忘れないでください。その際、愛犬の名札もチェックして書かれている情報が正しいか確かめましょう。

愛犬を散歩に連れて行くときは毎回首輪とハーネスが正しく装着されているか確かめてください。愛犬が成長期のときは、首輪は1週間、2週間前よりずっと小さくなっていることもあります。また、リードと首輪またはリードとハーネスの繋ぎ目にしっかり名札をつけましょう。あなたの愛犬のように活発な犬には安全すぎるということは決してありません。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です