【保存版】療養中の愛犬のケアする際の注意点

療養中の愛犬のケア

愛犬が病気になったり、手術をした時には特別な注意と配慮が必要ですね。薬を上げなければいけない、傷の手当や行動の制限などに気を付けなければなりません。栄養や食事には特に気を配らなければなりません。特別な食事が必要になる場合もありますし、食べさせて上げなければならないこともあります。回復には、その特別な配慮が重要となってくるのです。

dog-743909_640

回復期間中の愛犬の特別手当てについて見てみましょう。そしてどうしたら愛犬がより心地よく、回復が出来るだけ早まるのか見てみましょう。

睡眠・休息・療養が必要です。

療養中の愛犬は、脱力感や疲れや感じることがあります。通常よりも休憩や睡眠も多くなります。でも心配しないで下さい;それは普通の反応なのです。エネルギーを節約し、体が正常に戻ってきているという証拠なのです。

食事制限

良い栄養摂取は、病気・ケガ・手術後の犬に取ってとても重要です。食事を数日を取っていない場合もあります。正しい量の高い栄養素を取ることで、傷が直ぐに良くなったり、感染症を防ぐことができます。

全ての犬がバランスの取れた食生活をする必要があります。そして愛犬が回復中には正しい割合で全ての栄養素(タンパク質、脂肪、ミネラル、ビタミン)を必要とします。栄養バランスを変える必要があることからいつもの食事ではダメかもしれません。専門の獣医からアドバイスがあるでしょう。

健康な状態に戻るために必要な栄養素です

タンパク質

タンパク質は回復段階での重要なカギであり、感染から守る免疫システムを保護します。回復中の犬に取ってタンパク質は健康体の犬よりも多く必要とします。

脂肪と炭水化物

脂肪と炭水化物はエネルギーの源です。病気・ケガ・手術で影響を受けた組織を回復させるにはエネルギーを多量に必要とします。よって、犬の回復のために理想的な食事は、栄養価の高い食事が必要とされます。

ミネラルとビタミン

回復中の犬にはバランスの取れたミネラルとビタミンが必要です。ミネラルとビタミンにより回復の早まりを助け、回復時間を減少させ、そして枯渇した体に潤いを与えます。

回復中の愛犬は食欲不振に陥るかもしれませんが、食べるのを応援して上げましょう。獣医が回復期の動物に必要な集中的療法で必要とされる栄養素を補う特別な食事を処方することもあります。

病院で特別な食事が与えられていた場合は、獣医は自宅でもこの食事を続けるように指示するかもしれないですね。

獣医に特別な指示を受けない限り、常に新鮮で綺麗な飲料水が飲めるようにしてあげましょう。動きが制限されている犬の場合は、愛犬が直ぐに水に手が(足)が届くように注意して上げましょう。

どのように食欲を増進させるか

獣医によって処方された食事は体調の悪い犬に食欲を与えるように特別に処方されています、しかし更に励ましてあげることが必要になるかもしれません。ここではいつくかの方法を紹介します:

スポンサーリンク

  • 一回の食事の量を少なくし、数回に分けて新鮮なものを与える。
  • 食事を体温よりも少し冷たいぐらいに温め、与える前に全体の温度が均一になるように混ぜましょう。熱い食事は与えないでください。
  • 30-45分は食事を置いておきましょう。興味を示さない場合は手で与えて上げることも必要です。あるいは、口に少量入れてあげましょう。それでも、興味を示さない時は、食事を下げます。新鮮な食事を好むので、また後で上げるといいでしょう。
  • 犬の中には変わった味覚を持つものもいて、特定の調味料のようなものが好きかもしれません。獣医に使用できる調味料を聞いてみましょう。

回復期の犬の医療のニーズ

回復中の愛犬には注意を払って上げる必要があります。優しく撫でてあげたり、身なりを整えてあげたりしながら皮膚や毛の変化をチェックしましょう。ケガや手術後の場合、その部分が赤くなってなり、膿んでないか確認しましょう。体重の増減、こぶや腫れはないか、吐き気や下痢もチェックします。少しでもいつもと違う場合には獣医に相談しましょう。

病気の場合やケガやキズの場合、感染を防ぐために薬を与える必要もあります。また、ケガの場合には手当も必要となります。手当の方法は獣医に相談しましょう。

愛犬に必要な特別スキルと世話を紹介します

薬を与える

獣医から処方された薬は、必ず全て与えてください。少し良くなってきたからといって薬をやめないでください。止めることにより愛犬の状態が悪くなったり、その後の治療が難しくなることがあります。薬にひどく反応している場合は直ぐに獣医に相談しましょう。薬の与え方を教えてくれます。

錠剤は出来るだけ優しく与えて上げ、薬が飲めたら褒めたりご褒美を上げましょう。食事が取れる場合には食事の中に薬を入れることも可能です。それについては獣医から説明を聞きましょう。

包帯のケア

バンドエード、福木、ギブスなどが必要な場合があります。傷口を汚れから守ったり、犬の習性である舐める行為を防ぐために貼られることがあります。バンドエードが汚れたり、ずれたり、舐めたり、噛んだ場合には獣医にすぐに連絡しましょう。包帯が外からの汚れや水で汚れないように、外に連れていくときはビニール袋などで被い清潔でドライに保ちましょう。若くて元気な犬の場合、副木やギブスのことをすぐに忘れてしまい走り回ってしまいます。その場合は、他の動物から離したり、小さなエリアや籠に入れてあげましょう。

獣医に連絡を取る

どんな場合に獣医と連絡を取ればいいのでしょうか。ここでは、犬のサインを分かりやすくリストにしてみました:

  • 衰弱していたり痙攣している時
  • 排尿頻度が増え、尿の量が増えた場合。あるいは訓練されている犬が家の中で排尿した場合
  • 喉が渇き、水分の摂取が大幅に増加した時
  • 24時間以上下痢や嘔吐が続いた時
  • 24時間以上食欲不振な時
  • 行動が無気力になっている時
  • 包帯の周りの皮膚の色が変わったり、腫れていたり、悪臭がする時
  • 包帯が汚れていたり、ずれたり落ちたり、噛んだ時
  • 包帯を必死でかんだり、傷を舐めている時
  • びっこを引いたり、歩き方や走り方が変わった時
  • 見るからに不快な場合、落ち着きがない時や不安定な時

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です