ボクサーの熱疲労を防ぐため

暑い中、ボクサーは体温を下げるための汗をかきません。ただ荒く息をするのです。しかし、ボクサーのようなしし鼻の犬は口や喉の中の肉が厚いため、効率的に息できず、他の犬種よりも急に高熱になってしまうかもしれません。

苦しさのサイン

たとえ人が熱さを感じていなくても、ボクサーはそうではないかもしれません。穴を掘ろうとしていないかどうか注意を向けていてください。それは、体温を下げてくれる冷たい所を掘り出そうとしている動作かもしれません。また、舌をその両側を持上げながら垂らし、細かく荒い息をすることも苦しさのサインです。その他の高熱であるサインには、ひどく赤い耳や歯茎、更に戸惑いのあるぎこちない歩き方もあります。

ボクサーが涼しく心地よく過ごしていくためのススメ

ボクサーの飼い主それぞれにとっての最善策は、以下の6つの簡単な対策により熱疲労の危険性を減らすことです。

スポンサーリンク

1.暑い日に、屋内や屋外を問わず十分に冷たい水を飲ませられるようにしてください。更に、地元の公園やドッグランに水飲み場があり、頻繁に使えることを確認してください。
2.ボクサーが庭に出ている時、その体温が平熱であり、休憩できる日陰があることを確認してください。また、日陰に敷いた濡れタオルは快適な休憩所にもなり、児童用プールはボクサーのための手軽な水風呂になる優れものでもあります。
3.決して、駐車場に止めた自動車の中に、むやみにボクサーを残さないでください。曇りの日の窓が開いている車中でさえ、数分の内に温度と湿度がボクサーを衰弱させます。
4.夏の暑い日の散歩は、早朝や夕方の内にしてください。ただ、日暮れの後でさえ、歩道と道路はひどく熱く、ボクサーが肉球をやけどしてしまうことがあります。そのため、夏の間は念には念を入れた歩き方をしてください。
5.高熱を防ぐため、ボクサーの足裏、腹、股間、更に耳にも冷たい水をかけてください。それらは血管が皮膚に最も近づいている部位であり、より早く冷たさが全身に届きます。
6.かかりつけの獣医師に犬用の電解質補充物をボクサーの飲み水に加えることについて尋ねてください。また、高熱を和らげやすくするため、砕いた100mgのビタミンB配合錠剤をエサに混ぜることについても尋ねてください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です