犬が怪我をしたときの応急処置について。

おすすめ!


What can I give my dog for pain

理想の世界の中では、緊急事態に対処する必要が一度もないかもしれません。残念ながら、犬は気がついたときには、すでに自分がふさわしくない場所に、ふさわしくない時間にいる状態となっていて、事故が起きてしまうのです。万が一の事故のとき、適切に状況判断をし、冷静に素早く対応することにより、愛犬をもっと苦痛のないようにし、回復を早めることさえもできるのです。

優しく拘束してください

もし、愛犬がケガをしてしまったら、できるだけ速く愛犬を獣医のもとへ連れて行く必要があります。意識があれば、初めに愛犬に口輪をすることが、とても重要です。どんなに普段は穏やかな犬であっても、痛がって、怯えや恐怖心が最も温厚な犬を噛みつく犬にさせることだってあるのです。(大切な例外:嘔吐や呼吸困難に陥っている場合は、口輪をしてはいけません。)

一時的に使用するための口輪を作るのに必要なものは、パンティストッキング、ネクタイ、もしくはガーゼ(長さ12~14インチ)だけです。外にいる場合は、愛犬のリードを使うことさえもできます。これらのアイテムのひとつで、大きな輪が残るように、緩く結び目を作ります。静かに後ろから愛犬に近づき、輪をやさしく口先にはめます。それから、ピンと引きます。輪は口先にぴったりフィットさせなければいけませんが、皮膚を切ってはいけません。結び目の端を顎にさげた後、首のほうへ持っていき、耳の後ろで結びます。愛犬に口輪をしたら、できるだけはやくケガの度合いを検査し、愛犬を搬送する最善の方法を決めます。

スポンサーリンク

安全な搬送

人間と同じように、犬もまたケガをしてしまっているときはできるだけ動かさないほうがよいです。もし、愛犬が車にぶつけられたり、高いところから落ちてしまったり、脊椎を損傷している恐れのあるケガをしてしまった場合、搬送の際には特別な配慮を払う必要があります。腕で抱き上げて運んではいけません。その代わりに、ベニア板、鉄板、厚めのボール紙、頑丈な毛布などを手に入れてください。それから、最小限愛犬を持ち上げ、サポート器材を愛犬の下にスライドさせます。毛布を使う場合は、いっしょに運んでくれる相手を探して、ストレッチャーのようになるように、ピンと張ります。どこかに骨折はありませんか。もし、骨折している場合は、その部分の骨をまっすぐに伸ばそうとしてはいけません。その代わりに、骨折している骨を固定するための添え木を作ってください。ベニア板や厚めのボール紙の上に愛犬を置いたら、ケガをした足、そして、体の残りの部分をやさしく板にテープを巻きつけてください。添え木は定規や手足に巻いて安定した状態でテープを巻き固定させた雑誌、新聞で作ることもできます。ケガをした手足を固定させた後にだけ、愛犬を動かしてください。

様々なケガの処置

愛犬が安全な場所に移動した後、愛犬をもっと苦痛のない状態にし、回復の機会を与えてくれる簡単な方法があります。もし、愛犬が出血をしていたら、圧迫包帯で傷口を圧迫してください。生理用のナプキンがこの目的にはとても役立ちます。タオルやシャツ、毛布を使ってもよいです。もし、愛犬が毒物を摂取してしまったら、必ず毒物を持って行ってください。獣医が治療方法を決定する際に役に立ちます。やけどには、すぐにやけどした部分を氷や流水をあててください。やけどを冷やすには庭がいいです。水道の蛇口の圧力は低くしておいてください。化学薬品でのやけどを被った場合は、反応している部分にざっと水をかけ、そのあと、直ちに獣医のところに連れて行ってください。人間と同じように、犬も重大な事故の後にショック状態に陥ることがあります。だから、愛犬を覆って、体を温めてあげてください。動物病院に駆けつける前に、病院のスタッフが緊急で駆けつけていることがわかるように誰かに病院へ電話をしてもらってください。このことで、病院側は準備をしておくことができます。事故の後、元気そうに見えても、内出血を起こしている可能性があることを覚えておいてください。どんな事故であっても、事故後すぐに愛犬を獣医のもとへ連れて行ってください。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です