ペットショップで買うだけじゃない!譲渡会で保護犬、猫をもらうという選択

犬とネコのお暇な趣味人親父 - にほんブログ村

犬や猫を飼いたいと思ったら、皆さんどうしますか??

「ペットショップに行く!」という意見が多いのではないでしょうか?

ペットショップで運命的な出会いをすることもあるでしょうし、知人などから譲り受けて、新しい家族を迎える人もいるでしょう。

今回は、保護犬・猫を引き取るという方法をご紹介したいと思います。

新小岩店 | ペットショップのコジマ

保護犬・猫ってなに?

動物愛護センターや保健所、動物病院、民間の保護団体が保護している犬・猫のことです。

保護されている犬や猫の境遇は様々です。野良犬や野良猫、引退したブリーダーの繁殖犬・猫たち、飼い主が飼育できなくなり持ち込まれた子など。

いろいろな保護団体があり、新しい飼い主探しを行っています。しかし、新しい家庭に引き取られて、幸せに暮らす子たちはごく一部というのが現状です。

保護犬 (「V6」) | 保護犬の飼い主さん募集 - 島根県|動物愛護 ...

保護犬・猫のメリット

ペットショップにいる子犬、子猫はもちろんとってもかわいいです。しかし保護犬・猫にもたくさんメリットがあるんです。

  • 保護されていた間に預かっていた保護団体の方が「この子はさみしがり屋」や「警戒心が強い」、「ほかの犬や猫とも仲良くできる」「子供が苦手」など、その犬・猫の性質をある程度理解していることが多いです。そのスタッフさんたちのアドバイスを聞きながら、自分の家庭と合っているか?適した環境か?を考慮することができます。
  • 成犬の場合は、体重や身長などが大きく変わることが少ないです。具体的にその時点での生活イメージと将来イメージに差がつきにくい。飼った後に「意外と大きくなってしまって困る」ということがありません。
  • ある程度のトレーニングがされている事が多いです。一から、動物をしつけすることはかなり根気がいる作業です。また赤ちゃん時代はかわいい一方でいたずらやトイレの失敗なども少なからずあります。
  • そして、保護犬・猫というと雑種をイメージしがちですが、実際探してみると、プードルやチワワなどの純血種もたくさんいます。そういった子たちを引き取るのは、ペットショップで購入するより、安く済むというのも事実です。

デメリットもあります

保護犬・猫をもらう際にハードルが高いのは、何と言っても譲渡条件が厳しいことにあります。

たとえば…

  • 終生飼育を約束すること
  • ペット飼育可の住宅に住んでいること(規約や管理会社等の確認をすることも)
  • ペットを飼えるだけの収入があること
  • 家族全員がペットを飼うことに同意していること
  • 毎年のワクチン接種・フィラリア・狂犬病予防等、適切な健康管理をすること
  • 先住犬・猫の飼育状況
  • 飼い主の年齢(高齢者のみの世帯や、一人暮らしの場合は、万が一に備えて、後見人が必要な場合も)
  • 未就学の子供がいること(出産を控えている場合は不可のことも)

など、様々です。

スポンサーリンク

ペットショップで購入する場合にこんな風に審査があることはほとんどありませんよね。中には、一度家を見て、飼育できる環境が整っているかをチェックするところもありますし、譲渡後に家庭訪問を行っている団体もあります。また、様々諸経費や、去勢済の場合は手術代を負担することもあります。

これらはすべて、過酷な運命だった保護犬・猫たちが二度と同じ目に合わないためです。中には、不純な目的や身勝手な動機でで保護犬・猫を手に入れようとする人たちもいます。このような人たちから、犬・猫を守るために条件を厳しくしているのです。

ねこさま王国 : 2011年05月

実際どこでもらえるの?

行政の動物愛護センターや民間の保護団体のホームページでいつでも情報を得ることができます。また、譲渡会といって、週末などに、公園などで実際に犬や猫を見て、お見合いできる機会を設けている団体もあります。

譲渡会の様子

わんにゃん仲良しクラブ 八文字屋での猫譲渡会ご報告 命の架け橋 ひまわりの家」:<譲渡会結果報告と次回譲渡会のご案内>

インターネットで保護犬・猫を紹介しているサイト

「NPO法人wonderful dogs」

修正版 4.png

http://www.wonderful-dogs.com/parents_want.html

埼玉を中心に活動されている保護団体です。小型犬の純血種から、大型犬、MIX犬など様々な犬種を保護しています。また、譲渡会などのイベントも開催しています。

「Life boat」

NPO法人犬と猫のためのライフボート~子犬子猫の里親募集~

http://www.lifeboatjapan.org/

千葉の柏を中心に活動されています。中部地方での活動もあるようです。アニマルシェルターや付属の動物病院もある大きな団体です。犬・猫どちらもいます。わんちゃんは中型犬以上の雑種のわんちゃんがメインのようです。引き取り後のしつけの相談などのサポートもしっかりしています。

「いつでも里親募集中」

いつでも里親募集中

http://www.satoya-boshu.net/

関東を中心に活動されています。犬・猫両方の保護活動を行っています。わんちゃんは小型から大型まで様々な種類が保護されています。全国の譲渡会などの情報を得ることもできます。

「ARCH」

ARChバナー

http://arch2013.org/index.html

千葉県を中心に活動されています。犬猫の両方の活動を行っていますが、猫ちゃんは少なめ。ワンちゃんがメインのようです。ワンちゃんは主に純血種の小型犬が保護されています。

いかがでしたでしょうか?ご紹介したサイトは関東で活動している団体が多いですが、全国にいろいろな団体があります。今後ペットをおうちに迎えようと思ったら保護犬・猫という選択肢はいかがでしょか?

参考サイトURL

「里親マッチングサイト Veterinary Adoption」 https://www.veterinary-adoption.com/description/

「保護犬マッチングサイト ONE LOVE」  http://hogo-one.jp/

「NPO法人wonderful dogs」 http://www.wonderful-dogs.com/parents_want.html

「Life boat」http://www.lifeboatjapan.org/

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です