愛犬の肉球のひび割れやあかぎれの予防法。【雪や氷にご注意】

冬は犬の肉球にとって過酷な状況にあります。

寒い天候や雪や氷は肉球のひび割れやあかぎれを導きます。

それは愛犬にとってとても痛いものです。

これからご案内する簡単なお手入れ方法でその問題を解決し、あなたの愛犬を快適にさせることがでます。

爪を整えましょう。

爪を長いままにしておくと、歩く時に雪や氷とつま先の間に隙間ができてしまい、つま先が開いた状態になります。

それは、犬にとってはつま先に砂利を挟んだまま歩いているようなものです。爪切りをされていない爪は犬の体重配分にも

影響を与え、体重は足裏を圧迫します。これは、うまく摩擦を生ませることができず、さらに氷の上では滑りやすくなることを

意味します。

肉球の間の毛は整えましょう。

肉球の間の毛を常に肉球と同じ高さに整えておく事によって、あし毛にくっつくしめった雪や路面にまかれた雪塩や

砂の量を減らすことができます。犬の足についた雪塩は犬の歩行を困難にする他、足にもいい影響を及ぼしません。

つま先の間にくっついた氷や塩は犬の苦痛の原因にもなり兼ねません。

外出の前には肉球を潤しましょう。

寒い天候や氷や雪塩は肉球を乾燥やひび割れの原因にもなります。

外に散歩に行く前にワセリンや食用油を肉球に塗ってあげることによって、それを防ぐことができます。

スポンサーリンク

その際、家の中ではタイルなど、又、家の外では氷など滑りやすい物から犬を遠ざけましょう。

犬用ブーツを考えましょう。

犬用ブーツはさまざまな原因から最高の状態で犬を保護してくれると共に、犬の体温を保ってくれます。

もちろん、ほとんどの犬はすぐにブーツを履くことはできません。

徐々に慣らしていきましょう。まずは短時間、ブーツを家の中で履かせます。

その時たくさんほめてあげて下さい。(ご褒美でもいいです。)

注意)マジックテープはきつく締めすぎないようにしましょう。

凍結防止剤をチェックしましょう。

凍結防止の為の塩、凍結防止剤、化学薬品はあなたのペットの肉球を刺激し、また誤って摂取すると胃の病気の原因になり

ます。害のない砂、砂利、固まらない猫砂などを選ぶようにしましょう。どうしても雪塩または凍結防止用の化学薬品を

使わなければならない場合は、「ペットに安全な」ブランドを選ぶようにしましょう。

散歩の後は肉球を洗いましょう。

温かいお湯で洗うことによって、冷えた肉球を温めるだけでなく、つま先に入ってしまった雪塩、凍結防止の化学薬品や

溶けていない氷を洗い流すことができます。

冬の間、あなたが自分の足に気を使うように愛犬の足も気を使ってあげましょう。

あなたの足が冷たくて、痛くて、マメができたりしたら、あなたはとても辛いですよね。

あなたの愛犬も同じように感じるのです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です