愛犬に施したい代替医療5選。

強張った筋肉をほぐすマッサージを受けたり、背中の筋肉の痙攣を治しにカイロプラクターに通ったことありますか?あるなら、代替医療に効果があることが分かるでしょう。同じ治療が犬にも使われるということを知っても驚くことはないかもしれません。

特にシニア犬の場合、痛みを緩和できるもっと自然な方法を求めて、ホリスティックセラピーを調べる飼い主が増えています。その多くが、効果的な治療を見つけ出しています。ホリスティックセラピーに成功したという報告の殆どは信頼に足りるものではないようですが、動物の様々な病気への有効性を評価する科学研究が幾つか進行中です。

人気のある治療法を少々ご紹介しましょう:

1.鍼

いろいろな病気の治療に用いられる古代中国の診療です。細い針を愛犬の特定の部位に挿入して、エネルギー、あるいは気の流れのバランスをとります。現在、獣医150,000人と動物看護士700,000人以上が、診療に応用しています。

2.カイロプラクティック治療

人への治療のように、手を使って筋骨格に調整を加え、愛犬の痛みを軽減するものです。獣医学のカイロプラクターは体関節や筋肉に施術、調整を試み、運動能を改善します。

スポンサーリンク

3.ハーブ治療

広範囲にわたる病気の治療に、植物原料や植物性製品を使います。動物専門家の観察によると、病気に罹った野生動物が実際に、ハーブを探しまわり、ケガや病気を治そうとするそうです。ペットへのハーブ治療の支持派によれば、純度や効能が高いハーブの天然成分で治療することは理にかなっているということです。

4.ホメオパシー

病気と同じ症状を引き起こす物質をかなり薄めて、治療に使います。例えば、下痢を起こしている犬には、下痢を引き起こす物質を微量与えます。

5.マッサージ

体のストレスホルモン値を低下して血行を促し、痛みを和らげます。さらに、免疫系を増進します。とても気分が良くなります。

まずは、かかりつけの獣医に相談

ホリスティックセラピーや代替医療には及び腰の獣医もいますが、通常の医療と並行して利用する例は増えています。代替治療を始める前に、獣医には愛犬にみられる症状をきちんと報告し、照会を受けることについて相談しましょう。こうすれば、きっと愛犬にとって最善の治療が受けられます。

 

 

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です