もし犬が太ってしまったら?【簡単に出来るチェックと対策】

体重は徐々に増えていきます。あなたはそうではないかもしれないが—最初は—兆候に気付きましょう。そして、あなたがそれをうすうす気付いても、もしかしたら、犬は既にコロンとしていて、それは難しいかもしれない正しく判断をする事がもし犬が本当に太りすぎているか以下に簡単な2つの方法を示します。

  1. 犬よりも高い所に立ち、犬を見下ろしてあばらより後ろの”ウエスト”が膨れていないかチェックします。犬の適切な体重はあばらの形が目に見えてわかるかどうかです。
  2. 両手をあばらに置き、軽く手のひらで撫でます。できるかぎりさっとあばらを探して数えます。しかし、あばらが出ているとは限りません。犬のあばらがわからなければ、太り過ぎの可能性があります。太り過ぎている犬は通常後ろ足の付け根に脂肪の塊ができています。ところで、もし犬のあばら見えるのであれば正常です。

あなたはどうしますか?

  • 肥満は恐らくアメリカ西部の成犬において最も一般的な栄養に関する病気で、他の病気においても高い危険性を引き起こします。もし犬が肥満と診断されたら、以下のヒントを実行する事で健康的な減量の成功をサポートするでしょう。
  • ダイエットが終わるまで、おやつと食べ残しをあげるのをやめましょう。
  • 何故なら肥満の一番の原因が食べ過ぎだからです。犬の1日分の食事許容量を2〜4回に分けて与えましょう。置き餌をやめましょう。必ず犬に与える餌の総量を計るように気をつけてください。獣医にダイエット用療法食のアドバイスをもらうのもいいですね。
  • 少なくとも1週間は同じ時間帯に体重を計ってください。また、ダイエットの進捗を追うのと計るのを忘れないように犬の体重の記録をつけてください。
  • もしあなたが複数飼いをしていて同じ時間に餌を与えているのであれば、食事中の犬たちから目を離さないでください。—そして犬たちが食べ追えたらそれぞれのボウルは移動させてください。別の部屋で餌を与える事も考えた方が良いでしょう。何故ならダイエットしている犬はもっと食べようと他の犬のボウルを狙うかもしれないからです。
  • あなたがご飯を食べる前に犬に餌を与え、あなたの食事中は犬が餌をほしがるのを防ぐ為に別の部屋に入れておきましょう。
  • 犬が外で残飯をあさるかもしれないので監視されていない屋外での活動を限定してください。屋内・屋外ともにゴミ箱は確実にふたをしてください。
  • ご近所の方にもあなたの犬がダイエット中である事を伝えて、餌付けしないようにお願いしましょう。
  • 常にたくさんのきれいで新鮮な水を与えましょう。
  • 少なくとも1年に1度は獣医にかかりましょう。
  • 軽い運動からゆっくりと始めて徐々に運動する時間を増やし、定期的に運動をさせてください。散歩から始めて、犬の調子が良くなってきたら、”取ってこい”のようなランニングが必要なゲームに移行していってください。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です