愛犬が適正体重かを見分ける3つの方法と肥満犬への6つの対処。

おすすめ!


あなたの愛犬の体重が心配ですか? もし愛犬が少しぽっちゃりしているように思ったら、それはあなたが愛犬の体重のことを考える良いきっかけという事です。 でも、あなたは愛犬のために何ができる? 何をすべき? それをお答えする前に、一つとても重要な質問をさせて下さい。

あなたの愛犬は肥満ですか?

以下があなたの愛犬が適した体重よりぽっちゃりしているかを見る3つの簡単な方法です。

  1. 愛犬を上から見下ろして下さい。 そして、「腰」の辺りをチェックします。 犬の体重が適している場合、肋骨の後ろに引っこみが見られます。
  2. 両手の手のひらを軽く愛犬の肋骨にあてます。 肋骨の骨を容易に感じることができて、骨を数えられなければなりません。でも、骨が突き出ているのは良くありません。 もし、肋骨を触れることができないのであれば、あなたの愛犬はおそらく太り気味です。
  3. 肥満の犬は一般的に後ろ脚の付け根辺りに脂肪のかたまりがあります。

それでもまだ、あなたの愛犬が肥満かどうか分からない場合は、獣医に診てもらいましょう。

もしあなたの愛犬が肥満だったらする事

肥満はおそらく欧米の成犬の間では最も一般的な栄養疾患になります。 また、肥満は他の健康リスクも高めます。 もしあなたの愛犬が肥満と診断されたら、以下のヒントが健康的に成功する減量をサポートしてくれるでしょう。

スポンサーリンク

  1. 減量期間は全てのおやつや食べ残しをなくします。
  2. 犬の肥満の主な原因は食べ残しです。 少ない食事を一日に2~4回に分けて与えます。 いつでも食べられる状態はいけません。
  3. 少なくても週に一度、同じ曜日の同じ時間に愛犬の体重を量ります。 体重を記録します。
  4. 犬を何頭か飼っている場合は、フードを別々のタイミングで与えます。 ダイエット中の犬が他の犬のフードも食べてしまう可能性があるからです。
  5. あなたが食事をする前に愛犬に食事を与えます。 そして、愛犬があなたの食べ物の催促をしてくる間は、愛犬を他の部屋に入れておきます。
  6. あなたの愛犬が誰も見ていない状態で自由に野外活動をしないようにします。 そうすることによって、愛犬が野外に出た際に食べ物をあさって食べる事を防げます。屋内、屋外のごみ箱が安全に蓋が閉められていることを確認します。
  7. 近所の人達にあなたの犬が減量中だという事を話します。 近所の人達があなたの犬に食べ物を与えるのを防げます。
  8. 常にきれいで新鮮な水をたくさん与えます。
  9. 少なくとも一年に一度、愛犬を獣医に診せて下さい。 獣医は甲状腺機能の低下テストを勧めてくるでしょう。 甲状腺機能の低下は体重を増加させるため、減量を難しくします。
  10. 定期的に愛犬を運動させます。 短い時間の運動をゆっくり始めて、徐々に運動の時間を増やしてきます。 まずはウォーキングから初めて、愛犬がもっと運動ができそうなサインを見せたら、ランニングが必要なゲーム「投げたものを捕ってくる。」などをさせます。

体重と健康は密接に関係しています。 もしあなたの愛犬が肥満の疑いがあるようであれば、獣医に相談することをお勧めします。 獣医はあなたの愛犬に適した体重管理の専門的な手引きを提供してくれるでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です