犬のしつけ-留守番に馴れさせるコツ

近年、多くの家族が勤労者世帯で家族が戻るまで通常ワンちゃんは一日中家で待たなければなりません。忙しいライフスタイルの家族に適応するのが難しいカギっ犬もいますが、ワンちゃんの長い一日を楽しくするようにするコツがあります。

家族の仕事の一員

犬は社交的な動物の群れであり、彼らは家族を自分の肉親だと考えます。

家族のリーダーがルールを設定します。それが勿論あなたです。

あなたの犬が基本的命令を理解しているならば、何が良くて何が悪いのか説明を常にし続けましょう、それがワンちゃんを幸せにするのに重要なキーとなります。なぜなら、犬は群れのリーダーを喜ばせたいからです。例えば、牧畜犬は羊を放牧することで褒美をもら、それを「仕事」とみなします。家族犬の「仕事」は適切に行動することです。群れ内での適切な行動を理解すると犬は幸せ感を覚えます。

犬の留守番のしつけ方

あなたのわんちゃんに最初に与える重要なレッスンは、犬を一人で家に残した時に落ち着きリラックし、良い子でいるという事です。動物の群れとして、犬は一緒にいることに「強さ」をみつけ、一人でいると不安で不満になるでしょう。

しかし、新しいルールで犬を条件付けることができます。

スポンサーリンク

  • まず、「ステイ」や「落ち着き」を教えます。そして別の部屋に連れていきます。
  • 一分後連れ戻し、褒めてあげます。これは、落ち着いてじっとしていることで、飼い主が戻ってるという事を教えるのです。
  • 落ち着きやじっとしていることが「良い事」と言うのを学んだら、あなたの不在で犬が不安でナーバスになることはありません。実際、犬がリラックスしたら飼い主が戻ると条件付けされているので、犬は落ち着いているはずです。
  • あなたが不在の時間の長さの構築は、現実にあなたが不在の時間の延長を備えさせます。直ぐにあなたが不在の際、良い子で幸せにしているワンちゃんに訓練されるでしょう。
  • あなたの不在の際にワンちゃんに正しい環境を与えることで、カギっ犬をハッピーにします:

留守番に馴れさせるコツ

  • あなたの不在の際にクレートに入れておくのはどうでしょうか?犬は洞穴動物ですので、「家」の中にいると安全や安心を感じます。
  • 咀嚼のおもちゃやボールを与えましょう。中に食べ物が入っているおもちゃを探すのもいいですね。食べ物を取ろうとする楽しい時間が過ごせますし、遊びながらご褒美がもらえますから。
  • 不在の際に、愛犬を外に連れ出し、遊んでくれ、餌を上げてくれるシッターやドックウォーカーを定期的に頼むのもいいですね。
  • 特に、日中や夜の長期間の不在の際の犬の安全とチェックをしましょう。ワンちゃんがより安全で、あなたも心配が無くなるでしょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です