犬を躾けるときに覚えておいてほしい20のこと

dog_1

愛犬家は時々謎に思います。
なぜベストを尽くしたにもかかわらず、ペットのしつけの結果があまりよろしくないと。
たとえ何を試そうと、ある犬はソファーを自分の王国だと思ったり、またある犬は入ってはいけないところも我が物顔でうろついたりします。
おわかりでしょうが、しつけというのは犬にあなたの気持ちを読み取らせたり、従わせたりしようと思うだけではだめなのです。

犬を躾けるときに知ってほしい20のこと

これを見て躾をもっと簡単にしましょう。

  1. 1.犬に注目しよう
    犬の癖や特徴を知ることで、犬を自分の世界に連れ込むことが必要です。
  2. 犬に正直になりましょう
    絶対に犬にうそをついたり、命令を変えて犬をからかうのはやめましょう。
  3. 命令を始めたら終わらせましょう
    思いっきり犬を褒めてあげましょう。でも、やるべきことを終えた時だけです。
  4. 矛盾のないようにしましょう
    命令をするときにはいつも同じ言葉で同じ声のトーンを使うようにしましょう。
  5. 先読みしましょう
    犬が動く前に行動を予測しましょう。
  6. 褒めるときや叱るときはすぐにやりましょう
    怒られたり叱られたりしたのはどの行動のせいなのかわかるようになります。
  7. 命令を教えるときは一回につき一つにしましょう
    あまり多いと頭のいい犬でも混乱してしまうかもしれません。
  8. 命令と行動を覚えるのに時間をあげましょう
    すぐには行動できないかもしれませんが、反抗しているわけではないのです。我慢強くなりましょう。
  9. あなたも犬も喜べるようにしましょう
    こうすると、犬は躾を覚えることが友情につながると理解します。
    そして躾の前と後には犬と遊ぶようにしましょう。
  10. .優しく、忍耐強くなりましょう
    躾のなってない犬というのは犬のせいではなく、飼い主の責任です。

この半分ですべきことを学びましたが。
もう半分では躾を成功させるためにすべきではないことを紹介します。

スポンサーリンク

  1. 他人に飼い主以上に犬を甘やかさせてはいけません
    あなたが犬の飼い主なのです。
    こうすることで、犬はあなたにリーダーシップを見出すことができるのです。
  2. 悪い結果のまま躾を終わらせてはいけません
    良い結果のままで褒められて終わるのが成長へとつながります。
  3. 怒って殴ったりしてはいけません
    躾とは楽しいものでなくてはなりませんし、健全な経験になります。
  4. 躾の最中に怒ってはいけません
    犬は信頼に値するかあなたを見ています。
  5. 犬を追いかけまわしてはいけません
  6. 犬をだましてはいけません
    褒めてる時に水をかけたり、叩いたりしてはいけません。
    いたずらをするようになります。
  7. 成功するまで命令を繰り返してはいけません
    犬はすぐにあなたを理解します。耐えるように。しかし、命令を与えすぎないように。
  8. 命令をわかっていても犬が行動しないという場合以外は、犬が従わなくても叱ってはいけません。叱ったり罰したりするのはとても難しいことなのです。
  9. 当たり前の行動を褒めたり、叱ったりしてはいけません
    一貫性を持つことが大事です。
  10. 躾中に他の誰かに命令させるのはやめましょう

 

このリストは完全ではありませんが、躾を成功させる方針を決めるには十分な内容です。
犬やその飼い主のために、これは役に立つでしょう。
しかし、こうした指標を守ってうまくいかないというのであれば、プロのトレーナーに頼んでみるのもいいかもしれません。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です