ハロウィンで犬に衣装を着せるときの注意点。仮装で愛犬がおびえてます!!

ハロウィーンは私たち人間にとって楽しいイベントであっても、愛犬にとっては悪夢になる可能性があります。最も穏やかな犬でさえもハロウィーン休暇の奇妙な光景や音には驚いてしまいます。

ハロウィーンでストレスフリーになるお役立ち情報です。

スポンサーリンク

  • 大好きな人間の外観を変えるコスチュームは犬をこわがらせます。ハロウィーンのアクセサリーでワンちゃんを慣れさせるようにしましょう。コスチュームの匂いを嗅がせ、子どもが衣装を着るところを見せ、マスクを外して上げることでハロウィーンでマスクを付けた人が誰なのかを分からせます。あなたの犬が過剰に怖がっている場合には大切です。

 

  • 確信しない限り、犬をドレスアップするのは止めましょう。犬にコスチュームを着せる場合、絶対に目を離さないでください。すべてのゴムはゆるいかどうかを確認します。衣装を噛む犬は腸閉塞になったり、どんなに小さな部分でも犬が窒息する恐れがありますし、衣装が木や茂みに絡まることもあります。

 

  • トリックオアトリートに来た際犬が飛び出すのを心配しているなら、犬と一緒にこの儀式を練習しましょう。ドアーが開いた時の練習も犬が走りださないように教えます。最初は首輪を使い、外に気晴らしが出来る昼間に練習しましょう。それでもまだハロウィーンが不安ならトリックオアトリートの間は好きな玩具で犬を与え部屋やクレートに閉じ込めてください。

 

  • トリックオアトリートを待つ間は、犬に首輪を付けポーチに座って楽しみましょう。トリックオアトリートの子供たちがうろついているときは、犬の安全のため庭に残し、外に出ないようにしましょう。

 

  • キャンディボールは犬の手の届からないところにおきましょう。チョコレートは犬に取って有害であることをわすれないでください。犬が外に出れないようにし子どものハロウィーンをめちゃめちゃにしないようにしましょう。

何より、ハロウィーンは我々にとっては休暇で魔女や幽霊、恐ろしいゴブリンで大興奮することを犬は把握していないという事を忘れないでください。ワンちゃんのストレスレベルと安全に敏感になってあげましょう、そしてハッピーハロウィーン!!

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です