ゴールデンレトリバーの性格、種類とは?デカい!おりこう!かわいい!【画像あり】

大型犬の中でも飼いやすいと言われるゴールデンレトリバー。

大きいけれど優しい性格で、大型犬の中では比較的見かけることも多いゴールデンレトリバーを紹介します。

Golden Retriever Dog

ゴールデンレトリバーの起源

19世紀中頃、スコットランドのダッドリー・マーシュバンクス伯爵(後のツウィードマウス卿)が交配により作出したのが起源である。1865年、ダッドリー・マーシュバンクス伯爵は小型のニューファンドランド犬と掛け合わせた黒のウェイビーコーテッド・レトリーバーから生まれた、1頭のウェーブ掛かった黄色の被毛に覆われた「ヌー」を購入した。ダッドリー・マーシュバンクス伯爵は「ヌー」及びツウィード・ウォーター・スパニエルの「ベル」を掛け合わせ、4頭の牝が生まれた。その内の1頭「カウスリップ」を基に、ダッドリー・マーシュバンクス伯爵は20年以上ブリーディングした。ウェイビーコーテッド・レトリーバー、アイリッシュ・セッター、後のブラッドハウンドとの交雑を何回か行い、新しい犬種としてゴールデン・レトリバーを確立した。

参照元ゴールデン・レトリバーWikipedia

ゴールデンレトリバーの外見

Golden Retriever : chien et chiot. Retriever doré - Wamiz

毛の色は白に近いクリームから茶色までさまざまです。

長い毛とふさふさの立派なしっぽ、そして何より優しい顔立ちが特徴ですよね。

体重はメスでも24〜29kg、オスになると29〜34kgほどになります。

ゴールデンの仔犬を飼って、散歩で初めて大人のオスのゴールデンと会ったときはそのデカさに「こんなに大きくなるの~!?」とビビったものです。

アメリカ系とイギリス系

一言でゴールデンレトリバーと言っても、アメリカ系とイギリス系の2種類がいるようです。

ame01eng01 ame02 eng02

参照元デジワン *ゴールデンレトリバー大全集* – デジワン 犬倶楽部

参照元「ゴールデンレトリバー」 – 犬がイイ人。

アメリカ系は色が濃いめで、鼻が長く全体的にスリムな印象。

スポンサーリンク

イギリス系は色が薄めで、鼻が短く全体的にがっしりした印象。

日本にいるゴールデンレトリバーはアメリカ系が多いようです。

ゴールデンレトリバーの性格

Golden Retriever - Training Dogs
  • 「信頼できる性格」「飼い主と共に働くことを喜びとする」犬種で、「賢い、温和、知的、親しげ、確実」と表現される。
  • 人間に同調する能力を持つため、家族が静かにしているときには静かにし、遊ぶときには一緒に大いにはしゃいで遊ぶ。
  • 主人が願っていることを察知し、常時主人に気に入られようと努力する。
  • 家族と一緒に行動できることを喜びとし、孤独を嫌う。
  • 忍耐力が非常に強く、細やかな気配りができて、楽天的。
  • 自信を兼ね備え、信頼できる個性を持つ。
  • しつけやすく、子どもから老人まで誰にでも扱いやすい犬種である。

参照元ゴールデン・レトリバーWikipedia

アメリカ系とイギリス系でも性格に違いがあり、アメリカ系は明るくて活発、イギリス系のほうが落ち着いていて大人しいのだそうです。

どちらにしても人と一緒にいるのが大好きなゴールデンレトリバーですから、戸外より室内飼いに向いていると言えます。

デカいのにさみしがりやとか、めちゃめちゃかわいくないですか?

ゴールデンレトリバーの運動量

tekipi20130329DSC_0219

参照元ゴールデンレトリバー専門ブリーダーぴーすのホームページ

ゴールデン・レトリバーは他の大型犬同様、ある程度の運動量が必要なので、自転車を使った引き運動などを1日1時間を1~2回程度行うといいでしょう。また作業をすることが得意で好きなので、屋外でボールを使って遊んであげるのもいいですし、水遊びを取り入れてもいいでしょう。

参照元ゴールデン・レトリバー – 犬の種類図鑑 – 犬と歩けば

必要な運動量をこなしていけばゴールデンレトリバーと一緒に人間も健康でいられそうです。

他の犬とも友好的なゴールデンですからドッグランなどにも連れて行ってあげたいですね。

優しい犬種とはいえやはり大型犬、力が強いので散歩中にリードを離してしまうようなことがないように気をつけましょう。

実は親戚じゃない?ゴールデンレトリバーとラブラドールレトリバー

どちらも人懐っこく賢いゴールデンレトリバーとラブラドールレトリバーですが、その違いは毛の長さだけではないようです。

  • ゴールデン・レトリバー及びラブラドール・レトリバーは「親戚」ではない
  • 類似した外観を持ち、両者の相違点は「短毛種と長毛種の違い」だと誤認される場合があるが、誤りである。ゴールデン・レトリバーは上述の交配種であるのに対し、ラブラドール・レトリバーはセント・ジョンズ・レトリーバー及びニューファンドランド犬の交配種であるため、種としてはある程度の隔たりがある。

参照元ゴールデン・レトリバーWikipedia

ラブラドールには黒ラブやチョコラブがいるのに、ゴールデンには黒ゴルやチョコゴルがいないのが不思議でしたが、そもそもゴールデンとラブラドールは「親戚」ではなかったんですね。

納得です。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です