休日の来客に対する犬の反応

おすすめ!


toy-poodle

犬は習慣に縛られて生きています。年老いるとより一層日課に縛られ、新たに出会う人や環境を受け入れられなくなるのです。休日に来るゲストの登場で彼らの日常を邪魔された時には、とてもストレスに感じることでしょう。いつもとは違う手に負えない行動をするかもしれません―もしくは家の中でアクシデントが発生するかもしれません。ちょっとした思いやり行動が問題を未然に防ぎ、犬もゲストもあなたも、みんなのストレスを軽減させることができるという、いい方法があります。

ゲストの到着前に運動させましょう。

散歩または体を動かして30分遊べば、たいていの犬は緊張がほぐれて昼寝の準備が整います。そう、疲れた犬ほどお利口な犬はいないと犬の飼い主ならご存知でしょう。

犬にも居場所を与えましょう。

ゲストの訪問で犬を興奮させてしまうのなら、囲いの中や静かな部屋でいつも使っているベッドやブランケットと一緒に休息できる場所を提供しましょう。興奮が収まってからパーティに参加できるよう時間を与えます。

スポンサーリンク

“玄関チャイム”訓練をしておきましょう。

玄関のチャイムが鳴っても玄関付近で静かに座っていられるように訓練します。静かにお座りしていられるようになるまで毎日訓練しましょう。吠えたりゲストに飛びかかったりする場合は正しく行動を理解していない可能性があります。

新しいおもちゃで気を紛らわせましょう。

ゲストが到着する直前に、新しいおもちゃで遊ばせます。どれだけ噛んでも壊れない噛むおもちゃなら、長い時間遊んでいてくれるでしょう。

小さい子どもと犬だけにしないようにしましょう。

どれだけあなたの犬を信頼していたとしても、小さな子供がいる場合は必ず大人が付き添うようにしてください。

休日はまた犬の“アクシデント”に見舞われるかもしれません―特に既に興奮を抑えきれない状態を経験している大人の犬たちによるアクシデントです。興奮状態、たくさんのお菓子、テーブルの食べ残し、疲れて散歩に連れて行ってあげられない、などが問題を引き起こす原因となりうるのです。エサとエサの時間は普段と変えないように、また料理の残り物を挙げたい気持ちはぐっと抑えるように気を付けましょう。さらに、何か物を壊したりしないよう特に注意しておきましょう。

 

何よりもまずは、休暇期間中に一緒にいてあげる時間を作ってください。ゲストの相手、買い物、料理に部屋を飾ることなどに忙しくしている間でも、犬のことをほったらかしにしておかないことが大切です。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です