ジャーマンシェパードの誇り高き任務、K-9

おすすめ!


Police dog – Live & Learn

マックス・v・シュテファニッツが、1800年代後半、数種の牧羊犬を交配しジャーマンシェパード犬を作出する際に、心に描いたイメージは、“高潔な性格を持ち働く能力の高い”忠実で訓練しやすい犬でした。新しい犬種が「正しい行いをし、誰をも恐れない」犬であってほしいと願いました。

強く、従順で、体を保護する毛並みを持ち、知能の高い犬が誕生し、その望みはかなったのです。実際、ジャーマンシェパードは、とても訓練しやすく知能が高いため、他の犬種より世界中の警察や軍隊で徴用されています。

完璧な警察犬の3つの特質

仕事に向いた特性を持つため、警察犬に採用するのはジャーマンシェパードだけという国もあります。

強さ:スタミナにあふれた大きくて力強い犬です。これが重要なのは、野原や森林の中を、何時間でも行方不明者を探し回ったり、あるいは危険な容疑者を追いつめて走ったりするからです。

知能:ジャーマンシェパードは危険を知らせる犬です。どうやって危険を認知し、命令に応えたらいいかを知っています。ジャーマンシェパードが緊急事態において、人さながらの推理と判断力を見せたことを伝える素晴らしいストーリーがあります。

スポンサーリンク

訓練しやすさ:ジャーマンシェパードは訓練しやすく、いったん訓練を受けると、命令を正確に遂行します。これは、犯罪の容疑者への対応には欠かせません。また、容疑者に大けがを負わせることなく、捕まえることができなければなりません。現場がごったがえしていたり、騒がしい(例えば銃撃や叫び声で)場合、または、武器が持ち込まれる現場でも、ハンドラーの指示を守り、集中力をとぎらせずにいなければなりません。

K-9の任務遂行

特別な任務につく警察官を助けるような訓練が行われます。通常は、次のような3つの異なる任務につきます。

治安の遂行:例えば、犯罪現場から逃げようとする犯人を追いかけ、捕まえる任務もその一つです。徹底的に訓練されたK-9犬は、犯人に大けがを負わせずに捕まえることができます。

捜索・救出:また、追跡斑の警察犬は、その敏感な鼻を使って容疑者の居場所を突き止めたり、行方が分からない人や物を見つけます(捨てられた証拠や武器など)。特殊な訓練を受けた死体捜索犬の中には、埋められた死体や腐敗した死体、水底に沈んだ死体でも発見できる犬もいます。

違法物の検知:薬物、爆弾、その他爆発性材料の捜索は危険な任務ですが、ジャーマンシェパードは勇敢に遂行します。

K-9犬ハンドラーは、担当のジャーマンシェパード犬が真の相棒だと考えています。実際、多くの警察管轄地域では、K-9犬を殺したり、傷つけたりすると重罪にとわれ、任務遂行中に殉職したK-9犬は警察によって葬礼が執り行われます。

 

 

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です