犬の緑内障・白内障について

犬の視力は年をとるにつれて悪化していく感覚の一つです。場合によっては、白内障や緑内障により失明をする場合があります。症状と定期的な獣医検診に目を配ることで、多くの場合病気が進行する前に見つけることができます。

もしあなたの犬の品種―もしくはミックス品種の内の1つ―が遺伝性の目の病気になる傾向があるなら、毎年一度か二度の目の検査に獣医眼科医に連れて行くことを考慮してください。

緑内障の症状

緑内障は眼内の圧力によって引き起こされ、そして失明の原因にもなります。流体が構築され流れられないと、犬の目はどんどん不快になっていきます。緑内障は非常に深刻な状態のため、証拠となる徴候を探すことが重要になります。次のいずれかの症状に気づいた場合は、一度犬を獣医に連れて行くべきでしょう。

  • しばしば赤く曇のある目
  • 影響を受けている側の頭を軽く叩き圧力を解いてあげる
  • 起きている間目を閉じている
  • あなたが犬の近くに行くと引っ張って離れる
  • うつや食欲の減少
  • 影響を受けている目をこすったり叩いたりしている

緑内障の治療

獣医があなたの犬の緑内障を疑う場合、まず医師がすることは眼圧計を使った犬の眼内圧力の測定です。獣医が犬の眼内圧力が高いと発見した場合、緊急治療による圧力の緩和で視野の損失を防ぎます。獣医眼科医に診断してもらう方が良いでしょう。

スポンサーリンク

準緑内障、または遺伝性の緑内障とも呼ばれるものは、特異な状態であり完全に治療することはできません。物理的に流出を止める方法はありません。その代わりに、眼内の圧力は他の理由を構築します。あなたの犬の品種がこの病気になりやすい場合、年に一度の眼内圧力チェックを受けることで、圧力が増した場合でも一度治療することができます。緑内障の治療は高価になりえ、オプションとしては手術や投薬治療があります。

続発生緑内障は目の中に流体を増進する他の問題がある際に起こります。治療は根本として、緑内障自体に重要になります。

犬の白内障の目をチェックする

犬の白内障は目のレンズをタンパク質などが妨げになるとき、白みがかったまたは不透明になる原因となります。白内障はほんの小さなエリアまたはレンズの全体に影響して、失明の原因となることがあります。白内障は投薬では治療できませんが、もし犬の視野がひどく影響を受けている場合、獣医から獣医眼科医に白内障を治す手術を提案するかもしれません。

近代的な白内障手術は繊細かつ十分な手術後のケアが含まれています。そして、一度白内障が取り払われると、

あなたの犬は再び完璧に見えるようになるかもしれません。いくつかの場合、獣医は手術を進めないかもしれません。例えば、麻酔薬が危険性のある、または古いことで動物にリスクがある場合や、手術をしても視野を回復できない場合です。良いニュースとして、白内障は犬に痛みを与えないので、決定を急ぐ必要がありません。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)