臆病な犬をしつけるときに注意すべきこと7つ。

おすすめ!


臆病な犬を見たことありますよね。 その犬は物怖じする性格で、短い彼の「好きな人リスト」に載っていない人達を拒絶したり、吠えたりします。

臆病な犬と一緒に暮らすことはとてもチャレンジなことになります。 自信がない犬には飼い主からのとても優しいトレーニングとたくさんの忍耐が必要となります。 臆病な犬にはいろいろな人達との明るい前向きな体験を繰り返すことが必要とされています。 残念ながら、犬の訓練教室のグループはその中には含まれません。 訓練教室の犬達や飼い主達と一緒に習うことはいいことですが、あなたの犬がいろいろな人や動物に遭遇するかもしれない日常の環境とは異なるからです。

以下が、あなたの臆病な犬のためのいくつかのトレーニング案です。 このトレーニングによって、あなたの臆病な犬は自分の殻から出て、人と関係を持つことはいい事で、居心地良くて、さらに楽しいという事に気付くことができるでしょう。

1.犬が怯えている時には褒めないで下さい。

犬が恐がっている時、なだめるために「大丈夫!」と言ってしまいがちですが、犬は怖がっている事を褒められていると思いこんでしまい、さらに物怖じするしぐさをするようになります。 犬が自信を持って行動できた時以外、褒めてはいけません。

2.基本のトレーニングを見直します。

基本のトレーニングをやり直します。 指示に従える犬は自信がある犬です。 リースを犬の上に置いて、首に通します。 「おいで!」「座れ!」「ふせ!」やそれ以外の基本的な指示を練習します。 犬が自信がある振る舞いを見せたら褒めてあげます。

3.人とのセラピーで練習します。

犬好きの友人にあなたの犬に背を向けて座ってもらいます。 伸ばした手におやつを持ってもらいます。 犬に話しかけないように、目で合図を送らないように伝えます。 犬がおやつを取ったら褒めてあげます。 もし、あなたの犬がひどく臆病な犬の場合は、この練習を外で始めます。 そして、友人にゆっくり家の中に入ってもらいます。

スポンサーリンク

4.あくびをする。

犬にとって「あくび」は落ち着いているというサインです。 友人に下を見ながらおやつを持ってもらいます。犬は見ないようにします。 変かもしれませんが、友人にあくびを繰り返ししてもらいます。 あなたも一緒にします。 あなたとあなたの友人があくびをすることによって、あなたの犬がさらにリラックスしていることに気づかれることでしょう。 そして、犬がおやつを取ったら、褒めてあげます。

5.あごと胸だけお願いする。

友達が着たら、友達におやつを持ってもらい、犬を彼らのところに行かせるようにします。 友達には、犬が着たらあごと胸をなでるようにだけお願いします。 膝を曲げて座ってもらいます。(腰を曲げて見下ろすようにではありません。) 膝を曲げて犬と同じ高さになることによって、犬を怖がらせることを抑えることができます。 犬の頭や背中を触ったり強く撫でたりはさせないようにします。

6.自由な遊びの不思議な効果

人を信じられない犬は犬仲間を持つことによって恩恵が得られます。 フェンスで囲まれた場所で、あなたの犬と他の犬達を自由に遊ばせましょう。 そして、可能であれば、他の犬達の飼い主にあなたの犬を撫でてもらいます。 疲れていてもハッピーな犬はしばし物怖じしなくなります。

7.臆病な犬でも希望はあります!

ほとんどの臆病な犬は人との前向きな関わりによって、フレンドリーになることができます。 臆病な犬は友好的な関係を受け入れる前に、自分自身を信じなければなりません。 必ず、犬のペースに合わせてトレーニングをするようにします。 犬を神経質にさせるようなことは無理にさせないようにしましょう。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です