シングルコートの犬種 ヨーキーの季節別のケア方法

犬の世界の中でも最も特徴的な長くツヤのある毛を持つ一種がヨークシャーテリアです。それについて知っておくべき事もあります。それは、シングルコートだということです。これは単に他の種の犬のように寒い日に自分を温めるための下毛がヨークシャーテリアにはないということです。

 

シングルコートだということに関わらず、ヨークシャーテリアは夏に涼しく保つこともありません。実際には下毛のない犬であっても熱中症にかかることがあります。

 

ヨークシャーテリアを安全で心地よく保つために

冬の注意点

シングルコートかつ小さいサイズのため、ヨークシャーテリアはすぐに冷えてしまいます。もし外の寒い時に連れ出さなくてはいけないときは、犬にコートを着せていることを確認してください。実用性のあるスタイルを使用してください:着せるのも脱がせるのも簡単なコートを見つけましょう。コートは暖のとるための二枚目の層になります。ブーツを履かせるというのもいい考えでしょう。

スポンサーリンク

コートがあっても、冬はヨークシャーテリアにとっては低体温性になる危険性があります。低体温症の徴候はコントロールできない震えと無気力が含まれています。もしこれらの徴候を目にしたら、犬を直ちに室内にいれてください。もしそれが不可能な場合、犬を抱き上げジャケットの中に入れてあげてください。

夏の注意点

ヨークシャーテリアは熱中症よりも低体温症にかかりやすいが、夏のあいだも犬をしっかり見ておくことがいまだ重要です。夏にはヨークシャーテリアにとって長い毛は息苦しくなることがあり、この種は簡単に過熱してしまいます。もしモデル犬というよりもあなたのペットであるなら、夏に毛を短くするというのはいい考えです。

さらには、気温が上がった時は直射日光を避けたエアコンまたは換気の効いた場所にあなたの犬を置くようにしてください。もしあなたの犬を暑い日に外で遊ばせるときは、日陰と大量の新鮮な飲み水を与えていることを確認してください。

最後に、あなたのヨークシャーテリアに極端な天候に少し余分なケアが必要であったとしても、犬が華奢であるという意味にはなりません。もしあなたが正しい安全上の注意に従っていれば、活発なヨークシャーテリアは年間を通して野外で楽しむことができます。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)