ビーグルは一匹より二匹がいい?二匹目を飼う前に考えること3つ。

よく知られているように、大抵の犬は他の犬たちと一緒にいるのを好みます。犬は子だくさんで兄弟たちに囲まれて成長するからです。犬の基準からしても社交的な品種がいて、その一つがビーグル犬です。
ビーグルは人間や他の動物の近くで働くように育てられました。多くの犬を連れるハンターの側に従事することが仕事でした。こうした環境の中で生き方、遊び方、働き方を学んできたのです。今日でもビーグルはペットに囲まれた家にいる方が幸せそうですし、長期間ひとりだと不安感を与えてしまいます。だからビーグルの飼い主は仲間となる他のペットを飼っているのです。

二匹目のビーグルを飼う前に考えるべきこと3つ

タイミング

既に犬を飼っているのであれば、その子が大人になるまで新しい子を迎えるのは待ちましょう。同時に二匹の子犬を育てるのは大変です。加えて、あなたが想像する以上に犬が家族に溶け込むのは時間がかかります。新しい犬を迎え入れるのには最低でも二年間は待つと安心と言えます。

絆形成

あまり時間を取れないようでしたら、二匹目を飼うのは現実的ではありません。ビーグルは社交的で好んで他の犬たちと遊びますが、今飼っている愛犬はまだあなたの付き添いや日々の散歩を必要とします。また、新しい犬との絆を深め、訓練していくのにも時間を要します。

支出増加

犬が二匹になると楽しみが倍増する一方で、食費や医療費、美容費も倍増します。また、鳴き声も二倍になったり(ビーグルはよく吠えます)、遠出する時の宿泊代も増えるかもしれません。
こうした要素をよく考えて、二匹目のビーグルを愛してケアできる心構えができていれば、それは素晴らしいことです。そうでなければ、必要なケアができる自信を持てるまで、二匹目は先延ばしにするのがベストでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です