ダックスフンドの腰の問題~ヘルニアから愛犬を守る5つの予防策

多くのダックスフンドの飼い主がその長い腰が損傷を受けやすい個所であることに気づいています。腰痛、椎間板の破裂や麻痺を引き起こすことさえあります。ダックスフンドは他の犬種より脊椎損傷を受けやすいけれども、腰の問題を防ぐ、もしくは、変形性椎間板疾患の始まりを遅らせるために、あなたにできることもあるのです。

ダックスフンドの腰を注意して見守る5つの方法

猟犬として育ち、筋骨たくましい体で丈夫な足を持つあなたのダックスフンドは決してか弱くはありませんが、次にあげるヒントはあなたのダックスフンドの脊柱を長くて丈夫に保つのに役に立つでしょう。

1.ジャンプを制限

家具に飛び乗ったり、降りたり、階段を走りおりすぎたりするような脊柱に衝撃を与える運動を最小限に抑えてみましょう。座っておねだりをするのはかわいいけれども、それでさえもあなたのダックスフンドの脊柱に圧力が加わっています。あなたのダックスフンドがまだ幼い場合は、ベッドやソファにのぼるための傾斜路を使うことも検討してみましょう。

2.ラグビーの持ち方で

あなたのダックスフンドを前足からもちあげないでください。その代わりに、一方の手を愛犬の胸の下にいれ、後ろ足を腕で支えながら挟み込むように、ラクビーをするような感じで水平に持ち運ぶようにしましょう。

スポンサーリンク

3.体重を監視

ダックスフンドの体重が増加するとき、重みは下腹につき、脊柱を引っ張ります。あなたのダックスフンドにたくさんの運動をさせ、それでも、体重が減少しない場合は、獣医に低カロリー食について相談しましょう。

4.ハーネスの使用

ダックスフンドの散歩には首輪よりもハーネスを勧めるブリーダーや獣医もいます。特に、道路上の危険、交通や他の犬から避けるために、リードをぐっと引っ張った時、首輪が首の部分を引っ張るため、頸部(首)もしくは腰部の外傷を引き起こしかねません。ハーネスは安全にダックスフンドの胴を包み、均等に圧力を分配し、ぐっと引っ張ったときに脊柱に衝撃を与えません。

5.かかりつけの獣医と関係を保ちましょう

愛犬が食事をするときにいやいや首を下げている、比較的小さくジャンプしたり、飛び降りたりした後よろよろしている、後ろ足が麻痺しているというような様子が見られたら、椎間板が破裂してしまっているかもしれません。早く発見されれば、椎間板ヘルニアは大抵治療で根治できます。しかし、愛犬を安静にし、木枠に入れ、治療のために直ちに獣医のもとへ連れて行くことが大切です。

エネルギッシュな あなたのダックスフンドの活動をひと時も休まずモニターし続けるのは不可能です。しかし、できるときに少しでも事前の対策を講じることが、トラブルのない腰を保証するのに大いに役立つことでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)