トイプードルのしつけ。噛みつきを早期にやめさせる方法は?

トイプードルは小さくて可愛らしいですが、鋭い歯は子犬であっても傷つけます。この行動を忍耐強く止めさせる事によりあなたのお肌を傷つけずにすむカギとなります。

まず、なぜあなたの犬が噛んだり噛み切ったりするのかを理解することが大切です。子犬であればこの動作は当たり前です。プードルは元々猟犬であり、口を使って物を探索し、反射的に指などのものにしがみつく習性があります。噛み遊びはまた子犬の階層と優位性を確立し、家族の上下関係の自分の位置を探すのです。そういった意味でも、早い段階で犬にあなたが家では一番だという事を知らせなければならない理由です。

噛み切ったり、噛んだりするのは大人のトイプードルにも見られます。それが問題なのです。大人の犬は、恐怖、防御、攻撃性なしに噛むのです。あなたのトイプードルがもらい犬の場合には、自己防御ののために噛む行動にでる可能性があります。あるいは、今まで適切な訓練や社会化されていなかったためかもしれません。

噛みつきを止めさせる方法とは

噛む行為を修正する秘訣が下記に載ってますが、プロのトレーナーに頼む必要がある場合もあります。

スポンサーリンク

アウチ!!命令を使用します:子犬はやりすぎかどうかは分かりません。犬の仲間内では強く噛みすぎた時、他の子犬は身に堪えるような「負傷的」声を使ったり、遊ぶのをやめたりします。なぜなら犬は社交的な動物で、遊びの終了や仲間から注目がないのは強力な阻止剤になりるからです。

家では、噛むプードルと同じことをします。犬が強く噛んだ時に「痛い!!」と鋭くいいます。そして犬との交流をやめ、目をそらし歩き去ります。それを連続して行うことによりその行為を直ぐに止めるようになります。

1.水をひと噴き

より強調するために、トレーナーは「痛い!!」命令を出すときに鼻に水を吹きかけることを薦めます。小さなプラスティックのスプレーボトルが良いですね。簡単にアクセスできるように訓練しながら家の周りをまわるのがいいですね。水をかけるのは、噛んで「痛い」命令後すぐにしなければなりません、あるいは噛んだ時は。トイプードルと遊ぶのをやめるのも効果的です。

2.ミントマジック

犬はミントブレススプレーの味が嫌いです。噛む行為+「痛い」の命令後、水をかける代わりに、口に(鼻はいけません)ミントフレッシュネススプレーを使うのも効果が上がります。

トイプードルは誰がボスなのか知る必要があり、噛まないように早いうちから訓練する必要があります。上記を忍耐強く繰り返すことが早めに噛む行為をやめさせる最良の方法なのです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です