恐れにより攻撃的になる犬-原因と対策など

犬が知らない人に向って恐怖を表すのは珍しい事ではありません。しかしそれが攻撃的な行動に繋がるとなると深刻な問題になりえます。

一般的に恐れによる攻撃性は子犬の時の不適切な社会化の結果、過去の虐待が影響している可能性があります。多くの場合は、そのような要因の組み合わせによるものです。

優位性による攻撃とは違い、恐れによる攻撃は危険に直面したと犬が感じた時に起こります。犬の状態の認知で、どういう反応に出るのか決定して意図してやっている行動ではではありません。例えば、犬が小さい子供から虐待を受けると、子どもは怖いものだと犬が理解し、自分を保護するために噛んだり突進して行ったりします。

問題の解決方法

あなたの犬が攻撃傾向がある場合、どらぐらい犬がイライラするのか分かります。しかし、肉体的や口頭で犬に罰を与えても、状況にさらにストレスと不安の要素が追加され問題が強化されるだけです。他人は本当に危険なのだと犬に確信を与えるだけです。

彼らは、彼らの最も基本的なコンポーネントを、一度に小さな一歩にあなたの犬の侵略のトリガーを破壊することから始めます

スポンサーリンク

最善の方法は、経験豊富な犬の行動主義者の指導です。訓練を受けた専門家は通常、恐れによる攻撃を治療する脱感作メソッドを使用します。これは、犬が攻撃的になる基本的構成要素の引き金を少しずつ崩していくことから始めます。引き金となる刺激と正の強化(褒めてあげる、ご褒美を上げるなど)のペアリングから始めることができます。そして、徐々にその2つの間を楽しさで関連付けます。脱感作の成功には時間と忍耐、そして専門的知識が必要です。

犬の限界

一方、愛犬の快適ゾーンから外に出さないでください。犬が髭を生やした男性に恐怖を感じている場合、膝に乗せて写真を取るよう様なことはしないでください。子どもの周りで不安になっている場合も子どもの周りを気にして上げるか、子どもを避けて上げましょう。

何より、犬に援助して上げましょう。問題を無視することは更なる問題に繋がるだけです。犬が噛んだり、噛もうとしたりする行動は、道らぬ人、親戚、あるいは友達との関係に緊張感を導きます。犬が家でいる時はどんなに愛らしいのかは他人は知らないのです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です