猫の耳ダニの症状は?人間にうつるって本当?駆除や治療方法は?

最近首を振ったり足で耳を掻いたり、何だか耳がとても痒そうなわが家の猫。

気になってちょっと覗いてみると、黒い耳垢が!

この原因は?

多くの黒い耳垢、痒み、といった外耳炎症上の原因として考えられるのは、猫に寄生する耳ダニです。

この耳ダニとは、どういったものでしょうか?

耳ダニの正体と引き起こす症状をチェック

耳ダニは、「耳ヒゼンダニ」と呼ばれるダニで、0.2ミリから0.3ミリという小さな成虫が、猫のみならず、犬などの多くの動物の耳に寄生し、外耳炎などの感染症を引き起こします。

この耳ダニの感染で外耳炎を起こすと、黒っぽい耳垢が出始め、強い痒みが起こり、猫はたまらずに始終首をふったり、後足で掻きむしって、傷を作ったり、挙句に血を出してしまったり、耳のあたりをボロボロにしてしまうことさえあります。

原因や感染経路は、外遊び中での感染猫からの感染が可能性大といえます。

猫の耳ダニの感染力は恐ろしいと思って下さい。

猫の耳ダニ…人間にうつる?うつらない?

猫の耳ダニは、さて、人間にうつるのでしょうか?

はっきり言いましょう。

うつります。

えーっ!と思われた方も多いでしょうし、そんなこと知ってる、と思われた方も多いでしょう。

でも、一大事と考える必要はありません。

耳ダニが人間にうつるのは本当です。

それも、飽きもせずに、次から次へとうつり続けます。

けれど、猫の耳ダニが脅威なのは、猫の体、猫の耳に寄生している時だけなのです。

つまり、猫の体を離れると生きていけない、その点では案外情けない感染源なのです。

ですから、駆除しない限り、猫にとってはとんでもない天敵ですが、人間にいくらうつっても、ちょっと赤くなったり、ブツブツが出来る程度です。

何か大病にかかるとか、体中が発疹に覆われるとか、そういった例はまずありません。

スポンサーリンク

猫の耳ダニ、駆除をしてしまおう!どう治療すればいい?

猫の耳ダニ駆除と治療、もう基本ですが、病院に行くこと、それが一番です。

評判の良い市販薬に、トロイイヤードロップスという、耳に垂らしこむ薬がありますが、医師に診せてどの程度進行しているか、合併症は起きていないかを確認することが何より大事です。

そして、耳ダニの強さや感染度に応じた薬を処方してもらいましょう。

「イベルメクチン」や「フィプロニル」などがよく使われているようです。

耳の中を洗浄し、駆除薬は一カ月近く投与します。多頭飼いで他の猫も感染していた場合は全て治療を受けます。

猫の使っていた毛布を綺麗に洗い、場合によっては煮沸消毒も必要です。

 

ノルバサンオチック118ml

まとめ

にっくき耳ダニを退治したら、二度と感染しないように、完全な室内飼いを徹底しましょう。野良猫との接触も避けましょう。可愛い猫が痒がっているのを見るのは辛いですからね。

猫は日向ぼっこ姿が一番。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)