犬のリードの選び方。長さや伸縮の目安は?子犬時、大型犬・小型犬の場合は?

おすすめ!


犬にとっては、毎日の散歩は、社会性を養い、ストレス解消という二つの重要な意味を持っています。この散歩のときに絶対必要なのがリードですね。このリードにもいろいろあってどうやって選んだらいいのか迷ってしまいます。ここでは愛犬に合ったリードを選ぶために注意することを紹介しましょう。

子犬時のリード

子犬のときのリードは、まずは子犬をリードに慣れさせることが目的ですからナイロン製などの比較的細く軽いものがいいでしょう。

長さも1,2メートル前後であまり長くないものがいいですね。

子犬ですからおもちゃと勘違いしたりすることがあるので、ある程度犬が大きくなって散歩に慣れた時に買い替えるつもりで最初のリードは細い短いものを用意するといいでしょう。

リードを選ぶときに注意すること

犬は大まかに体重によって大型犬、小型犬などに分けられています。そして、リードも体重別に販売されていることが多いですね。

しっかり自分の愛犬の体重を計って、愛犬の体重に合ったものを選びましょう。

次に、大型犬と小型犬でのリードの選び方を紹介します。

大型犬のリード選び

大型犬の場合、体が大きいのでリードも耐久性のあるものを選びましょう。

材質的には、皮革が滑りにくく耐久性があるのでお勧めです。

ただ、体が大きく力が強いのでリードも大きく長いものがいいと思われがちですが、しっかりした材質のものであればあまり大きなものや長いものは必要ないでしょう。

散歩をする人の片手にある程度収まるくらいの大きさと長さが一番扱いやすいといえます。

参考までですが、我が家のボルゾイは、チョーカーと70センチくらいの革製の短いリードを使っています。

スポンサーリンク

大型犬は、力が強いので、あまり長いリードだと突発的な動きに対応できないからです。

小型犬のリード選び

小型犬の場合は、材質も軽いもので細いものが使いやすいですね。

長さも1,2~1,4メートルくらいのものが一番使いやすいでしょう。

でも、小型犬でも引っ張る力はかなり強いので、材質としては皮革が滑りにくく耐久性があるので使いやすいです。

伸縮性のあるリード(フリキシブルリード)のこと

dog-79195_640

最近は、よく伸縮性のあるリード(フリキシブルリード)を使って散歩をさせている方を見かけるようになりました。

愛犬が、リードをつけながらでもある程度自由に動けるので確かに大変便利です。

でもしつけができていない犬や引っ張り癖がある犬には使用しないほうがいいでしょう。

というのも犬がリードを引っ張るとついつい飼い主はリードを伸ばしてしまいます。それでは、引っ張り癖は改善されませんね。

引っ張り癖などのないしつけがしっかりできている犬では、公園や広場で遊ばせたりするときにかなりの範囲で遊ぶことができるのでとても便利でしょう。

また、3メートルや5メートルのロングリードも同様にしっかりとしたしつけができた犬に使うようにしたほうがいいですね。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です