安全、安心なキャットフードを選ぶときの3つのポイント。アレルギー体質の猫の場合は?

おすすめ!


現在のように多くの種類のキャットフードが店頭に並んでいると愛猫にとってどのようなキャットフードがいいのか本当に迷ってしまう飼い主さんが多いのではありませんか?ここではそのような飼い主さんのために安全で安心できるキャットフードを選ぶときの3つのポイントとアレルギー体質の猫のためのキャットフード選びについて紹介しましょう。

1.グレインフリー(穀物不使用)のもの選ぶ

本来猫は肉なのを知っていますか?

そもそも猫は、ライオンやトラなどと同じネコ科の動物です。また、昔はネズミを捕まえて餌としていましたよね。

でも、ペットとして飼われることになった猫たちは、ネズミなどを捕食する代わりに人間からキャットフードなどの餌をもらうようになりました。

そこでキャットフードを選ぶときにまずそのキャットフードの成分表示を見てください。ここに穀物(麦やトウモロコシなど)が表示されている場合は、避けたほうがいいでしょう。

この穀物類の摂取が猫のアレルギーの原因の一つと考えられるからです。

2.半生タイプは避けましょう

猫が大変好んで食べるフードに半生タイプのものがあります。食いつきもよくたくさん食べてくれるので飼い主としてはついついたくさんあげてしまいがちです。

でもこの半生タイプのものは、ドライフードに比べて大変糖分が多く、栄養価が高いのです。

また、半生で保存ができるということは、添加物や保存料が多く含まれている可能性があります。

3.無添加のものを選びましょう

猫にとっても、添加物が含まれているキャットフードは、健康に良いとは言えません。

スポンサーリンク

できるだけ無添加のキャットフードを選んでください。特に「エトキシン」という防腐剤は、日本でも使用が禁止されている農薬の一種なのでよく成分表示を確認してくださいね。

キャットフードの賞味期限があまりにも長いときは、特に注意しましょう。

アレルギー体質の猫のためのキャットフード

猫がアレルギーと診断されると、キャットフードはどれを選べばいいのか大変困ってしまいますね。

アレルギーの原因の多くはトウモロコシなどの穀物によるものです。そのためキャットフードを選ぶときには、まず「グレインフリー(穀物不使用)」と表示されているものを選ぶといいでしょう。

また最近では「低アレルギー」のキャットフードも多くみられます。

血液検査などでアレルゲンがはっきり分かればいいのですが、ほとんどの場合はっきりしないですよね。そのような時は、やはりこの低アレルギータイプのキャットフードが最適といえるでしょう。

まとめ

愛猫家が増えてきた昨今では、キャットフードの種類も大変多くなってきました。その中で安全で安心して愛猫に食べさせることができるものは、少ないといえるでしょう。基本的には、人間が食べても大丈夫なものを愛猫には与えたいですね。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です