猫アレルギーだけどどうしても飼いたい人のための4つの対策。

おすすめ!


猫が好きだけど猫アレルギーなので猫を飼えないと諦めている人、いませんか?そんなに簡単にあきらめなくても大丈夫、4つの対策で猫を飼えるかもしれませんよ。ここでは、猫アレルギーでも猫が飼える方法を紹介しましょう。

猫を飼う前に…

猫が欲しいと思ったときには、まずは自分が猫アレルギーかどうかを確認しましょう。アレルギー検査は、内科や皮膚科で3000円から5000円くらいで検査してくれます。

また、猫カフェへ行って、猫に実際に触れてみるのもいいですね。

ここで猫アレルギーと判断されても猫を飼うことはできます。でも少しだけ手間がかかりますよ。

次は、猫を飼うための対策です。

対策1~こまめに掃除をしましょう

猫アレルギーのアレルゲンは、常に部屋の中に浮遊しています。

このアレルゲンを極力少なくするために、こまめに掃除をすることが必要です。床や壁などをしっかり掃除しましょうね。

また、絨毯やセンターラグなどウール系のものは使わないほうがいいでしょう。どうしてもアレルゲンが付着しやすくなります。

できれば寝室には猫を入れないほうがいいですね。布団などにアレルゲンが付く可能性が高くなります。もしどうしても猫を寝室に入れたいのであれば、布団などをこまめに掃除しましょう。布団クリーナーを活用するといいですね。

スポンサーリンク

空気清浄機も活用しましょう。特に最近はPM2,5対策のものがあります。細かい粒子まで除去してくれるのでとても便利ですよ。また、こまめな換気も大切です。

対策2~猫を清潔にしましょう

毎日のブラッシングと1週間に1,2回のシャンプーを心がけましょう。

猫を清潔にすることは、アレルゲンの減少につながりますので、大変ですがこまめに手入れしてあげましょうね。

また、猫とのコミュニケーションにもなりますから、一石二鳥ですよ。

対策3~病院へかかりましょう

あらかじめアレルギーが出にくいように飼い主が予防することも大切です。

飼い主が病院へかかることで薬を飲めば、猫アレルギーの症状を軽減することは可能ですね。

対策4~アレルギーが発症しにくい種類の猫を選びましょう

次の猫はアレルギーが発症しにくい猫と言われています。

猫アレルギーでも猫を飼いたい方は、参考にしてみてくださいね。

  • デボンレックス
  • ジャバニーズ
  • バリニーズ
  • オリエンタルショートヘアー
  • ロシアンブルー
  • ベンガル
  • サイベリアン

まとめ

猫アレルギーでも猫を飼うことはできます。でも、かなりの手間と費用が掛かることは間違いないでしょう。

あとは、飼い主の猫に対する愛情が、どれくらいあるかにかかってくるかもしれませんね。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です