動物病院の費用の平均はいくら?価格だけではない選ぶ際の3つのポイント!

おすすめ!


ペットが病気になったりケガをしたときにお世話になるのが動物病院ですね。現在は多くの動物病院があります。飼い主としてペットのためにはどのような動物病院を選ぶといいのでしょうか?また、その費用も気になりますね。ここでは、動物病院を選ぶときに注意してほしい3つの点とその費用について考えてみましょう。

動物病院の診療代ってどうやって決める?

ご存知の方も多いと思いますが、動物病院の診療代には、人間の病院のような基準がありません。その理由は、国が自由競争を妨げることがないように定めた「独占禁止法」という法律にあります。そのため日本獣医師会などが費用の基準を決めることができないのです。

つまり動物病院の診療代は、すべてその病院の獣医師が決定するのです。そのため、地域や動物病院によって費用がまちまちになっているのが現状です。

また、動物病院では犬、猫のほかにもいろいろな動物を診察しますよね。治療が難しい動物もいることが、診療代を明確に示すことができない理由の一つといえます。

動物病院の費用の相場ってあるのかな?

では実際には診療代金に違いがあるのでしょうか?明確な基準はありませんが、ワクチン代や手術費用など比較的わかりやすいものに関しては、やはり費用の相場というものがあります。

・初診料   500~1,500円

・再診料   0~1,000円

・去勢手術  15,000円くらい

・避妊手術  24,000円くらい

・入院料   小型犬 2,700円前後・大型犬4,000円前後

・ワクチン代 5種または6種 5,000円~9,000円

これは大まかな相場になります。このほかにペットの病状により検査の内容などのより診療代は変わってきますね。。

できればかかりつけの病院の診療代に関しては、しっかりと獣医師に確認しておきましょうね。

スポンサーリンク

動物病院を選ぶときの3つのポイント

初めてペットを飼うときまずワクチン接種をしなければなりませんね。その時、どのような動物病院を選べばよいのでしょうか?ここでは、動物病院を選ぶときに注意してほしい3つのポイントを紹介します。

1.近所でペットを飼っている人に近くにある動物病院の評判を聞いてみましょう。

やはり実際に動物病院へ行っている飼い主の方の情報というのは、とても貴重です。

2.飼い主が話しやすい獣医師を選びましょう。

ペットは言葉をしゃべれません。そのペットの症状などは飼い主が獣医師に伝えますよね。また、診療内容を決めるのも飼い主です。

ペットのことを飼い主が獣医師に相談しやすいのが一番ですね。

3.動物病院の診療設備が整っているか?どういうスタッフがいるのかを確かめましょう。

病院の医療設備が整っているかどうかを確かめましょう。どんなにいい先生でも、医療設備が整っていなければ助けられないこともあります。

また、スタッフが充実しているかということも重要ですね。よいスタッフがいるということは、しっかりした診療をしてくれるということです。

まとめ

本当にペットのことを考えてくれる獣医師は、診療においてもとても丁寧にペットを触ります。たとえ鳴いたとしてもしっかり触診してくれます。まともにペットに触りもせず、すぐに注射や薬を出すような獣医師はお勧めできません。また、セカンドオピニオンを求めた時に資料の提供を拒むような場合もよい獣医師とは言えないでしょう。

動物病院での治療方法を決めるのは飼い主です。治療方法を決めるということは、診療代も選択するということです。難しいことではありますが、飼い主として信頼できる動物病院を探しましょう。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です