ペット保険は必要?不要?そのメリットとデメリットを解説します!

最近は、ペット保険に加入している飼い主さんが増えてきています。確かにペットの医療費には保険が適用されないので全額自己負担です。ペット保険に加入していると支払った医療費の一部でも戻ってくるので助かることがありますね。そこで、ペット保険のメリットとデメリットを検討し、ペット保険は必要か不要かを考えてみましょう。

ペット保険のメリット

ペットの医療費は、全額自己負担です。大きな病気をしなければ、年間数万円で済みますが、癌や骨折など大きな病気やけがをしたときの医療費は場合によっては10万円を超えるかもしれませんね。

このようなときにペット保険に入っていると、ペットに使った医療費の一部を補償してくれます。飼い主にとってはとても助かりますね。

飼い主としても万が一の時、医療費の心配をしなくてもいいですし、病気やけがでの通院も補償されているので病院に通いやすくなります。

たたし、健康診断やワクチン接種などは、補償の対象にはなりませんよ。

ペット保険のデメリット

年齢制限が設けられている場合が多く、本当に必要になる年齢では加入できないことがあります。

また、高齢では、病気によっては補償の対象にならない場合もあり、保険の対象にならないケースもあります。

診療内容によっては、保険金支払いの対象にならないことがあります。

多頭飼いの場合、それぞれの犬に保険をかけなければならないので、飼い主の保険料の負担が大きくなります。

スポンサーリンク

ペット保険は必要?それとも不要?

ペット保険に加入する飼い主の多くは、いつ病気やけがをしても安心だからといいます。確かに保険に加入していると、病院へ連れて行くことも苦にならないので可愛いペットの健康を維持するためにはたいへんよいことといえるでしょう。

一方で、年齢制限や診療内容による補償の制限等々いろいろな制約があることも確かです。

これらのメリットとデメリットを考えたとき、一概にペット保険が必要とか不必要とかは、いえないでしょう。あくまでも飼い主がどう考えるかによるといえます。

ペット保険に加入するときに注意すること

ペット保険の歴史はまだ浅く、ここ数年、ペットの平均寿命が延びたことによって大きく成長している分野です。保険内容も当初に比べるとかなり改善され、種類も多くなってきています。しっかりと補償内容を検討しましょう。

それぞれの保険会社で補償内容がかなり違うので、「どのような保険に加入したいのか?」ということをしっかり決めた上で、複数の保険会社の補償内容と保険料を比較検討することをおすすめします。

まとめ

ペット保険は、とても便利ですよね。飼い主は、自分にあった保険をじっくり選ぶようにしましょうね。また、ペット保険には加入せず万が一の時のために犬の医療費用に貯蓄をしている飼い主もいますよ。ペットが病気になる前に一度考えておきましょう。

 

大切なペットの保険選びは保険スクエアbang!/ペット保険

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)