ドッグフードのラベルの読み方と成分を解説します【何て書いてあるの?】

おすすめ!


あなたの愛犬はドッグフードのラベルに何が書いてあるか気にしません。しかし、そこには飼い主が注意すべき情報がたくさん書いてあります。まず目に入るのは、消化されるものがとても多いということです。そこで私達は飼い主がそのラベルが意味すること、そしてそれがどうあなたの愛犬に影響を与えるかをよりよく理解してもらうよう、説明書をご用意しました。
Pedigree Dog Food - Petfood101

●メインラベル

ドッグフードのラベルの主な成分はメインラベルと情報ラベルの上に掲載されています。その情報には、以下のものが含まれています。

ブランドの名前

このブランドの名前というものは、製品の全体像とその会社の関係を示しています。

製品の名前

製品の名前はブランドのそれぞれの製品の個々の証明に関する情報が掲載されています。その名前こそが、一般的な名前であり、成分を含むより明白な名前なのです。

正味重量

これはカンの中に入っているモノの量が一覧になっています。この小さな部分に書かれている情報はかなり統制されたものですし、厳しく調査されたものなのです。

主旨

これは製品がどんな種類のペット向けかを識別し、そして『犬用の食べ物』と多言することで、消費者へ主旨を強く伝えているのです。

●情報ラベル

保証分析値。

法律によってこれが製品中の特定の栄養素の量を示さなければならないことになっているのです。これが古いフォーマットであると、規則によって書き取らせられることとなります。

ある栄養素(粗蛋白、粗脂肪、粗繊維、水分)は法律によって、保証分析値の中で明記することを決められていますが、他の栄養素(カルシウム、リン、タウリンなど)は任意、ということになっています。製品に掲載されている栄養価は最大値もしくは最小値で載せられています。(法律によって)そしてそれらは製品中の栄養素の実際のものではありません。

例えば、もしペットフードのラベルに『蛋白質の最小値21%』と書かれているのであれば、あなたはそれが21%以上の蛋白質が含まれていて、最小値を超える量が入っていることを確信しても良いのです。

粗繊維と水分は『多くて〜』というふうに明記されています。水分と繊維は最大値より少し下回るのです。保証値というものは栄養素の濃度が含まれていないので、製品と製品の比較ができないということをご留意ください。栄養素の濃度というものは代謝エネルギーの1000キロカロリーごとの栄養素の測定値なのであり、愛犬が消化吸収し、使う成分の量を決定しています。

『典型的な』分析値はラベルには載っていません。しかし、製造元による製品冊子には書かれています。典型的な分析はペットフードの栄養素の平均値を示しています。

成分リスト。

これは製品中に入っているすべての成分が示されています。この成分には、重さによって降順に掲載されています。これには、食べ物を適切に加工するために必要な水分が含まれています。法律によって、すべての成分は個々に、正式な名前もしくは一般的な名前で示されなければなりません。(ノーブランドの名前でも問題ありません。)

製造業者および販売者。

製品の製造および販売のいずれかに責任を負っている団体はラベル上で示さなければなりません。連絡先は電話を通して確認と連絡ができるくらいちゃんと書かれなければなりません。『〜によって製造されています』という言葉は製品が責任者によって販売、流通されているということに加えて、彼らによって作られているということが示されいます。

スポンサーリンク

原産地。

これは『メイドイン』という言葉でアメリカ国内で作られていないかどうかを示されなければなりません。

適切な栄養価の表示。

これは製品の栄養の送達を示すことが求められています。AAFCOはペットフードのラベルラベル付けへの指針やガイドラインを作る取締官で構成されている全国協会です。もし製品が完璧な食品として流通していたら、栄養価のキーワードは『完璧でバランスのとれた栄養価』となりますし、ライフステージの製品はそう作られています。完璧でバランスのとれた食べ物はサプリメントを使わずに動物に必要な栄養価を満たします。言い換えると、完璧でバランスのとれた食べ物とは正しい量であなたの愛犬が必要としているすべての栄養を供給しているということなのです。AAFCOは製造業者が以下の2つの方法のうち1つで栄養表示を代用して良いことにしています。それは分析的におよび動物飼育実験を通して、いずれかの方法です。これらの実験で最低限求められていることは、AAFCOの公式文書に掲載されています。

飼育のガイドライン。

ペットフードのラベルは使用方法と一緒に消費者へ提供されなければなりません。食べ物の目的を定義することに加えて、また使用の指針は飼育の推奨およびガイドラインを合併させなければなりません。求められている食べ物の量は動物のエネルギー要量によります。個々の必要量は血統、年齢、性別、環境、活動レベルによって変わります。これは製造業者による価値良い平均値以上には決してなりません。もしペットが太りすぎたり痩せすぎたり、病気になってしまったりしたら、提示された食べ物の量へ調整に対応することがラベルの情報と重要な要素と同じこととなるのです。ペットの飼い主がペットフードの摂取量を試す最適な方法は、一定の測定値を使うこととよく動物の体重を計ることです。

●重要な言葉と成分

ここに、典型的なラベルに載っているたくさんの言葉と成分の中であなたがよく見つけるであろう多くの一般的なアイテムの例がいくつかあります。

アミノ酸

蛋白質が壊れて構成される基礎的成分。

動物性消化物

清潔で健康に良い動物組織の調理過程から生じる物質。消化物は大抵、調味料や蛋白質結合物に使われます。

動物性脂肪

脂肪は哺乳類もしくは家禽類からきていると思われます。もし記述的な言葉が許されるのであれば、脂肪全部はその根源からきているのです。例えば、鶏の脂肪は鶏からのみきている、ということです。

抗酸化物質

これらは酸化防止剤や酸素、過酸化水素によって促される反応を助ける成分です。例えば、ビタミンEやCは健康的な免疫システムを助けるために人間やペットの食べ物の両方で発見された抗酸化物質なのです。

灰分

特定の食べ物に含まれているすべてのミネラル分の合計です。この言葉は食べ物が燃やされた後(こ」は食べ物が灰分の検査をされる方法です)、これらのミネラル分によって残された分を描写ために使われていました。

骨粉

健康的な骨を調理した際に生じる乾燥し滅菌されたもの。これはカルシウム、マグネシウム、リン、その他のミネラルの元となります。

副産物

牛肉および豚肉(肉の副産物)から出る綺麗な部分。(筋肉以外の部分) それは肺、脾臓、腎臓、肝臓、血液、骨、腹部に制限されているわけではありません。毛、角、歯、蹄は含まれていません。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です