ペットの葬儀・火葬で注意すべき3つのポイント。気になる相場と飼い主の服装は?

おすすめ!


最愛のペットの死、ペットを飼っている以上どうしても避けられないことです。そのペットの葬儀や火葬で注意するべき点とその費用は一体どれくらいなのでしょうか?また、飼い主はどういった服装をすればいいのでしょうか?

ペットの死・・・・どうする?

家族同様に過ごしてきたペットの死を迎えたとき、最後まで納得のいく形で見送ってあげたいものです。

まずは、ペットの遺体を静かで直射日光の当たらない場所に安置しましょう。いつも寝ていた布団などに寝かせるか箱に入れてあげます。できれば遺体を冷やしてあげるといいでしょう。

このあとペットの葬儀・火葬を行ってくれる業者に連絡しましょう。

ペット葬儀・火葬業者を選ぶときに注意すべき3つのポイント

ペットの葬儀・火葬を行う民間業者は、ここ数年で大変多くなってきています。この業界は、新しい業種とあって実際には法律の規制がほとんどないといえます。誰でも施設などがあれば葬儀を行うことができるのです。そのため、飼い主と業者との間でトラブルが発生することもあるので、業者の選択には十分注意が必要でしょう。

業者を選ぶときに注意したい3つのポイントがあります。

1.しっかりと飼い主の相談に乗ってくれる業者ですか?

電話などでの対応や服装、施設などをしっかりと見極めましょう。

適切で親身な対応をしてくれるところを選ぶといいですね。できれば、複数の業者に連絡してみるといいでしょう。

2.葬儀・火葬などの手順をしっかり説明してくれましたか?

葬儀や火葬方法によって返骨してもらえない場合もあるので、どのような葬儀にしたいのかをしっかりと業者に伝えましょう。

火葬の方法など実際の手順をしっかり納得のいくまで確認することが大切です。

3.費用を確認しましょう

事前に見積もりを出してもらいましょう。できれば複数の業者に見積もりを出してもらうといいでしょう。

49日の法要などオプションで追加料金が必要な場合もあるのでしっかり確認することが大切ですね。

葬儀・火葬の費用はどれくらい?

普通ペットの場合、火葬だけを行うことがほとんどです。

火葬のほかに葬儀を行う場合は、火葬費用のほかに料金が必要になります。

葬儀に関しては、それぞれの業者によってプランや価格が違いますので詳しくはそれぞれの業者に問い合わせてください。

火葬費用は、ペットの大きさや火葬方法によって異なります。

火葬には、個別火葬、合同火葬(数匹のペットと一緒に火葬します)、立ち会い火葬(火葬の場に立ち会い遺骨を拾うことができます)、訪問火葬(移動火葬車で自宅まできてくれます)があります。

スポンサーリンク

・小動物(フェレットなど)体重2kg未満 10000円~20000円

・小型犬 体重2kg~5kg 15000円~25000円

・小型犬 体重5kg~10kg 20000円~30000円

・中型犬 体重10kg~25kg 30000円~40000円

・大型犬 体重25kg~40kg 40000円~50000円

・超大型犬 体重40kg以上 50000円~60000円

これは大まかな相場です。それぞれの業者によって多少の違いがあるので、各業者に詳しく確認しましょう。

ペット保険のアニコムに業者の検索サイトがありますので、チェックしてみてください。

 

アニコム「評判のいい」ペット霊園検索サイト

 

ペットの葬儀・火葬の時の服装はどうする?

一般的には服装の決まりはありません。できるだけ暗い色の服を選ぶといいでしょう。

移動火葬車での火葬の場合は、普段の服装でも構いません。

まとめ

まだまだ規制がないペットの葬儀・火葬の業界です。多くの業者はしっかりとしていますが、一部には悪徳業者もいます。被害に遭わないよう十分注意しましょう。

 

【ペット仏具・メモリアル商品】手元供養メモリアル工房

 

たいせつな家族 犬と猫を看取る

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です