【どっちが好き?】ダックスフンドには首輪?ハーネス?

ダックスフンドのあの胴長の体型やサイズは、自然の作り出した滑稽な災難だとおもわれるでしょうが、あれにはしっかりとした目的があるのです。

ダックスフンドは狩猟のために訓練され、主に穴熊を驚かせ、巣穴からおびき寄せるのです。その長く細い体と短い足はちかのトンネルを容易に通ることができ動物たちの隠れ家から引っ張り出すのにうってつけの体型なのです。

Cute Dachshund Pictures,Fun Facts,History,Training and More!

しかし、ダックスフンドのあの有名なホットドッグのような姿は、彼の弱点でもあります

。つまり、脊髄損傷や背中の痛み、椎間板の損傷や麻痺の影響を受けやすくなるのです。ですから獣医師は、彼らが家具の上から飛び降りたり頻繁に階段を駆け下りたりしないようにお勧めするのです。それは、彼らダックスフンドの長い脊柱へのストレスを与える活動を制限するためです。
獣医はまた、飼い主が彼らを持ち上げる時にも水平固定メソッドを推奨しています。つまり、前脚からまっすぐに抱き上げるよりも、片手を胸に回し、もう片方の手を胴の下の方へ回して持ち上げる方が負担がかからず、ダックスフンドの背中を水平に保つことができます。

スポンサーリンク

ハーネス利用が賢い訳

多くのダックスフンドの飼い主は首輪で散歩させるよりも、ハーネスの方が安全で快適だと信じています。首輪は首を引っ張り、首や背中に損傷を与えかねません。特に散歩中車や道路の危険、他の犬などを避けるために首輪を強く引っ張った時などです。それに首輪は散歩中にスッポリ取れてしまうこともあります。

しかし、ハーネスをぴったりと装着したら、犬の胴体にしっかりと包み込むため、歩道や公園で強く引っ張っても力が紐に分散されるのです。

ダックスフンドのための特別なハーネスは多くのペットショップでご利用いただけます。毛皮付きのハーネスはナイロンタイプよりも毛に引っかかりやすく犬の肌をこすります。
フィットのことも考えましょう。あなたの人差し指をハーネスの下に入れて、快適であるようにゆるくしかし、脱げないように十分にぴったり来るようにしてください。

彼の筋肉質な体と強い脚でからダックスフンドは弱虫なんかではない。しかし、脊髄損傷を防ぐために予防措置を取っておけばあなたの犬に幸せな生活を送らせてあげられるでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)