ハムスターの暑さ対策。お留守番の時はどうする?対策グッズは?

おすすめ!


ハムスターはとても暑さに弱い動物です。室温が30度を超えると命の危険性があります。とくに梅雨から夏にかけて高温多湿になる日本の気候は、ハムスターは苦手としています。そこでこの時期にできるハムスターの暑さ対策を紹介しましょう。もちろん便利グッズも一緒に紹介しちゃいます。

ハムスターは暑さに弱い!

ハムスターは野生では砂漠などのとても乾燥した地域に住んでいます。日本の夏のような高温多湿は、とても苦手だといえるでしょう。

ハムスターの体は、少ない食糧でも生命を維持することができるようにたいへん省エネにできています。あまり熱を体外に出さず蓄積するようにできているのです。そのため人間のように汗をかいて体温を調節するようなことはありません。

夏の暑さ対策

ハムスターの暑さ対策で最も重要なことは、室温24度から26度、湿度を40%から60%に保つようにすることです。そのためには、やはりエアコンで温度をつねに一定に保つことが一番ですね。エアコンを使うと湿度も高くはならないのでハムスターにとっては快適な環境といえます。

ハムスターは、急激な温度の変化にも対応することはできません。夏はとくに一日中エアコンを使用し、温度変化に注意しましょう。ハムスターの部屋に温度・湿度計を置いておくといいですね。

ペット用フアンや扇風機ではダメ?

ハムスターは、とても繊細な動物です。ペットフアンや扇風機の風でケージの中のハムスターの臭いが逃げたりケージの外からいろいろな臭いが入ってくることを好みません。

さらに鼻やひげ、耳などでの情報収集を風が吹くことで邪魔をしてしまいます。情報収集ができないということは、繊細なハムスターにとっては、たいへんなストレスになります。

ハムスターにとって風を当てることは、涼しくなるのではなく不快になるだけですね。エアコンを使う時も、エアコンの風が直接ハムスターに当たらないようにケージの位置などを考えましょう。

スポンサーリンク

暑さ対策便利グッズ

ハムスターの暑さ対策には、エアコンを使うことが一番ですが、このほかにもハムスターの暑さ対策に便利なものがあります。

1.スーンベッドなど大理石や御影石で作られたもの

ストーンベッドスーパーC


ストーンベッドでは、室温の低下はありませんが、乗るとひんやりするのでハムスターにとっては心地よいものです。ケージの床に引いてあげるといいですね。

アルミ板もありますが、ハムスターがかじってしまうかもしれませんので、避けた方がいいでしょう。

2.陶器の入れ物

ハムスターは、野生では地中に穴を掘ってそのなかで暑い時間帯を過ごします。同じようにケージの中に陶器の入れ物を入れてあげると中がひんやりしているのでとても便利です。100円均一に売ってあるもので十分です。

まとめ

このほかハムスターのケージを置く場所を考えてあげましょうね。夏はとくに直射日光の当たる場所は避けましょう。

とても繊細で暑さに弱いハムスターです。少しでも長生きできるように湿度・室温に注意して世話をしてあげましょうね。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です