ドーベルマンを飼いたい!性格・価格・飼うのに必要な環境について

ドーベルマンというとテレビ・映画などで凶暴な犬として扱われることが多いですね。また、警察犬や警備を担当する犬として広く知られています。でも、本当はドーベルマンとは、どのような性格なのでしょうか?ここではドーベルマンの性格・価格・飼うのに必要な環境について紹介しましょう。

ドーベルマンの性格

ドーベルマンのイメージは一言で言えば「怖い」というところでしょうか?

実際は、普通の犬、褒められるのが大好きで飼い主に甘えるのも好き、温厚で愛情豊かな犬なのです。

ただ、警戒心が強くその愛情が豊かな分だけ飼い主やその家族に危害が加えられると豹変することもあります。その点から攻撃性の強い犬というイメージがあるのでしょう。

ドーベルマンには「ヨーロピアンタイプ」と「アメリカンタイプ」があります。

1. ヨーロピアンタイプ

ドーベルマンの原産国はドイツですね。ヨーロピアンタイプは、使役犬として繁殖された経緯があり体格も大きくがっしりした骨格をしています。

性格も温和で人なつっこく甘えん坊です。

2.アメリカンタイプ

ヨーロピアンタイプに比べると一回りほど小さく気性が少し荒いといえます。

どちらにしても賢く、訓練性のたいへん高い犬種であることは間違いありませんね。そのため、飼い主の訓練次第で凶暴にもなるのです。

犬を初めて飼う方には、ドーベルマンはあまりおすすめできませんね。また、ドーベルマンを飼うときにしっかりとしつける自信がないときは、プロの手を借りるのもひとつの方法といえるでしょう。

ドーベルマンの価格は?

ドーベルマンの平均価格は20万円から30万円くらいでしょう。このほか血統がたいへん優秀な犬は、価格が高くなる可能性があります。

また平均価格からあまりにも安いときは、先天的な疾患などがあるかもしれません。ブリーダーもしくは、ペットショップに価格が安い理由をしっかり確かめましょう。

ドーベルマンを飼う環境は?

ドーベルマンを飼うにはマンションでも一軒家でもドーベルマンが静かにゆっくりと過ごせるスペースが必要になります。

スポンサーリンク

できれば自由に走り回れるスペースがあるといいのですが、都会などでは自宅に運動スペースを作ることは困難でしょう。そのためお散歩の時間を一日二回、それぞれ30分から1時間とりましょう。

自転車などでのひき運動もいいでしょう。ドーベルマンは、体を動かすことが好きな犬なので、散歩の量が少ないストレスになってしまいます。ストレスがたまると人や犬に対して攻撃的になることがあります。また、家具などを破壊してしまうことがあるので注意しましょう。

ドーベルマンを飼うには、ゆっくりできる十分なスペースが確保できるのか?そして何より飼い主がドーベルマンのためにどれだけの時間が作れるのかがカギになります。

まとめ

ドーベルマンはそのイメージとは違いたいへん賢く甘えん坊な犬です。しっかりしつけて犬との信頼関係を築くことができれば最良のパートナーとなるでしょう。

バリケンネル ジャイアント 大型犬用クレート送料無料 犬小屋 ハウス ペットゲージにもおすすめゴールデン ドーベルマン ピレニーズ ハスキー 超大型犬 飛行機対応 被災 避難 緊急時 防災などにも

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です