猫をマンションで飼うときの対策。壁やベランダはどう防ぐ?お隣への配慮は?

おすすめ!


最近の猫ブームで、マンションでも猫を飼うことが多くなっていますね。マンションには、猫が苦手な方もいます。そのためマンションで猫を飼うときに注意しなければいけないことがいくつかあります。ここではとくにマンションの壁やベランダでのトラブル、お隣への配慮について詳しくみていきましょう。

部屋の壁対策

猫を室内で飼うときに躊躇する理由のひとつに爪研ぎがあります。部屋の壁を爪研ぎでボロボロにされるかもしれないからです。ここでは爪研ぎ対策を紹介しますね。

1.部屋の壁を守る!

新築マンションや賃貸マンションの部屋の壁を猫の爪研ぎから守るために爪研ぎ対策グッズが販売されています。

猫が爪研ぎをしそうな壁やコーナー、柱に取り付けるもので素材も猫が好む麻などが使われています。

ペット共生クロスというものが内装建材メーカーから発売されています。これは、猫のひっかき傷に強い素材で作られています。マンションのリフォームするときなどに「猫のひっかき傷に強い壁紙」とリクエストするといいですね。

2.爪研ぎしやすい環境を作りましょう

猫の爪研ぎは、本来獲物をとるために行う習性なのでやめさせることはできません。また、猫はマーキングの意味でも爪研ぎをするので猫の好きな場所と素材があります。

100匹猫がいれば100の好みがあるといわれるくらい猫の爪研ぎに対する好みは多種多様です。いろいろな素材と場所を試しながら愛猫の好みを見つけてあげましょう。

3.定期的に爪を切りましょう

室内で飼っているとどうしても爪が伸びやすくなります。定期的に爪を切ってあげることで、壁に傷がつきにくくなります。また、カーテンや絨毯などに猫の爪が引っかかることを防げます。

絨毯などが傷つきにくいということのほかに猫自身にとってもカーテンなどに爪を引っかけてとれなくなるようなトラブルを防げます。

ベランダ対策

マンションで猫を飼うときに気になるのは、ベランダから落下しないかということですね。

猫は、3階くらいから転落しても大丈夫だといいます。でも5階以上のマンションから転落すれば危険です。

また、猫がベランダを伝ってお隣へ侵入することも困ってしまいます。

ここではマンションのベランダから猫が転落しないようにするとともにお隣への侵入を防ぐ対策を紹介しましょう。

スポンサーリンク

1.ベランダへいつも出られる状態にしない

ベランダへ出るときは、つねに飼い主が一緒にでましょう。夏、暑いからといって窓やドアを開けたままにしないようにしましょうね。

窓やドアを開けるときは、必ず網戸の方を開けるようにしましょう。

2.猫にハーネスとリードを着ける

ハーネスやリードは犬だけのものと思われていますが、猫用のハーネスも販売されています。

ベランダへ出すときは、リードを着けておくと猫が急に飛び出しても安心ですね。

3.ベランダにネットを張る

外観を損なうなどの理由がない限りベランダをすっぽりとネットで囲むことが一番安全といえます。

ネットで囲むとお隣へも行けませんし転落することもありませんね。

お隣への配慮は?

猫を飼っているマンションが、ペット可のマンションかどうかを確認しましょうね。

トイレの臭いなどの悪臭がトラブルの原因になりかねないので、猫のトイレは絶対ベランダには置かないようにしましょう。

猫の鳴き声や猫の足音などが気になるかもしれませんが、今のマンションは思いの外防音設備が整っています。むしろ室内よりも廊下などの共有部分での鳴き声などに注意しましょう。

まとめ

マンションで猫を飼うときは、室内飼いをすることをおすすめします。外へ出ると事故にあったり伝染病にかかったりと飼い猫にとっては、危険がいっぱいです。そとへ猫を出さないことが飼い主と猫が幸せに暮らすためには、最もよい方法だといえるでしょう。

〔amazon〕マルカン 猫網戸脱走防止フェンスL 猫用

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です