動物看護師になるには?仕事内容や給料は?資格習得は専門学校だけ?

愛犬が病気やけがのときにお世話になる動物病院では、獣医師のほかに獣医師の補助をする動物看護師がいます。この動物看護師の仕事内容はどのようなもので給料はどれくらいなのでしょうか?また、動物看護師の資格はどうすれば習得できるのかを紹介しましょう。

動物看護師の仕事は?

動物看護師の仕事は、「獣医師のサポート」が主な仕事です。その仕事内容は、多岐にわたっています。

1.診療に関すること

診療中の動物の保定(診察中や処置中に動物が動かないように固定すること)、入院中の動物の管理、手術の助手、カルテの管理、尿検査などの臨床検査など。

診療や手術に使用する器具の消毒や管理。

2.薬剤の管理

病院内で使用する薬剤などの在庫の管理と発注。

獣医師の指示に従って薬を調合し、飼い主に飲み方などを説明。

3. 受付業務

受付での飼い主から来院理由の聞き取り。症状をカルテに記載など。

会計業務。

電話やメールでの問い合わせへの返信などの対応。

4.そのほかの業務

病院内の清掃など。

動物看護師は、獣医師のサポートとしてだけではなく、獣医師と飼い主とをつなぐパイプでもあります。高いコミュニケーション能力も必要とされている職業ですね。

給料はどれくらいかな?

初任給で14万円から16万円くらいでしょう。また、5,6年経過しても年収は300万円から400万円と仕事内容からすれば、かなり低いといえます。

またボーナスもあまり期待できないようです。

動物病院は、個人経営のところがほとんどです。給与体系も院長に任されており、それぞれの動物病院で大きな差があることは間違いありません。

就職を希望する前にそれぞれの病院の詳しい勤務状況、給与などしっかり調べておくといいですね。

スポンサーリンク

一方、獣医学科のある大学の付属の動物病院などでは、待遇もかなりいいといえます。

専門学校でしか資格は取れないの?

動物看護師の資格は、国家資格ではありません。そのため動物看護師になるためにどうしても必要な資格はないといえます。

ただ仕事内容などからわかるようにとても専門的な知識と技術が必要になります。

動物看護師になるためには、次の4つの方法があります。

  • 4年生大学で専門的知識と技術を身につける
  • 専門学校で2年から3年、動物看護師としての基本を学ぶ
  • 通信講座で専門的知識などの基礎を学ぶ
  • 資格をもたずに現場で働き始める。

必ずしも資格は必要なくとも、より専門的な知識が必要なので専門学校で必要な知識を習得するか、通信講座を受けることが望ましいでしょう。

好きを仕事にできる専門学校特集

動物看護士になるならペット専門通信資格【日本ケンネルカレッジ】

まとめ

動物看護師の仕事は、長時間労働になることも珍しくありませんね。また給与もその仕事内容からすれば、かなり安いといえます。それでも看護師の人たちが、頑張っているのはやりがいのある仕事だからです。元気のなかった動物が元気を取り戻し、飼い主から「ありがとう」といわれるときがこの仕事の充実感と喜びを感じるときだといいます。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)