ペットリフォームするときの注意点は?犬と猫の違いは?

おすすめ!


犬や猫などのペットを飼育する家庭が大変増えています。そこでより快適にペットと暮らすために自宅やマンションをリフォームしたいですね。ここではペットリフォームをするときに注意する点を紹介しましょう。また、犬と猫でのリフォームするときの違いを考えてみましょう。

ペットリフォームとは?

ペットにとっても飼い主にとっても快適に過ごせることが基本ですね。そこで、まずペットと暮らす上で飼い主として気になることを考えてみましょう。

1. 床が滑りやすい

2. 尿などの臭いが気になる

3.床や壁が傷つきやすい

4. ペットの足音などが気になる

これらの問題点の解決方法を考えながら飼い主とペットが快適に暮らせるようにリフォームすることをペットリフォームといいます。

ペットリフォームするときの注意点

最近では多くの業者がペットリフォームを手がけています。まずは、複数の業者に改善したい点を相談し、見積もりを出してもらいましょう。

ペットのためのフロアマットや壁紙、ペットドアなどいろいろなものがあり、種類も豊富です。どのようなものを選ぶといいのかも相談しましょうね。

また、リフォームをすると工事関係者など見知らぬ人が出入りし、さらに工事の音がすることはペットにとっては大きなストレスになるかもしれません。工事中に自宅から脱走する可能性もあります。工事をするときには、どのようにすればペットが安心して工事ができるのかをアドバイスしてもらうことも大切ですね。

価格はもちろんですが業者との話し合いの中で気軽に相談できる最も信頼できる業者を選ぶようにしましょう。

犬のためのリフォームはどうする?

犬のためにリフォームをするときには、歩くときに床が滑らないようにしてあげるといいですね。

スポンサーリンク

最近では、ペット用のフローリング床材がたくさんあります。その特徴は、床が滑りにくい、汚れにくい、尿などの臭いがつきにくいなどです。また、クッションフロア材も豊富に用意されていますよ。

また、散歩から帰ってきたときやシャンプーなどにとても役に立つのがペット用水栓柱です。シャワーもついており庭などに取り付ける飼い主が増えています。

猫のためのリフォームはどうする?

床材をペット用のフローリング材やクッションフロアにかえましょう。

猫の場合、爪研ぎをする習性がありますよね。ときには、大切な家の壁紙をボロボロにするくらい爪研ぎをする猫もいます。そこで、壁紙を傷がつきにくいものに取り換えましょう。また、柱や壁の角に爪研ぎ対策グッズを取り付けるのもいいですね。

猫は発情期などにスプレーを壁に掛けることがあります。汚れにくいペット用の壁紙にしましょう。

余裕があればペットタワーなどの猫が遊べる空間を作ってあげるといいですね。

まとめ

ペットと飼い主が楽しく暮らすためのリフォームです。飼い主にとっては快適なものがペットにとっても快適とは限らないので、ペットの様子をじっくり観察してどのようなリフォームをしたらいいのかを考えましょう。

↓↓関東・関西にショールームあり!ペット向けのフローリングなら!!↓↓


スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です